「ホ、ホンマや〜」赤面! 都会に繰り出した自分の服装を改めて見ると… #脱力系ゆる更年期日記 39

「脱力系ゆる更年期日記」第39話。更年期イラストレーターのやましたともこさんによる、更年期のもろもろをゆる~くつづったマンガを紹介します。都会(大阪・梅田)に出かけることになったやましたさん。ふと自分の服装を見て、赤面する事態になったそうで……。

 

続きを読む

都会に繰り出したときの服装が…

脱力系ゆる更年期日記 39

 

脱力系ゆる更年期日記 39

 

ウーマンカレンダーをご覧の皆さま、こんにちは。

 

更年期イラストレーターやましたともこでございます。

 

先日、久しぶりに都会に繰り出しました。

 

みんなで映画を見よう!という子ども会のイベントだったため、近所に住む小学生とそのお母さんたち20名弱でバスに乗り梅田(大阪の都会)に行きました。

 

子ども会のイベントということで、特に何も考えていなかったのですが、ふと周りを見渡すと、いつもとは違うシャレオツな格好をしているお母さんたちが目に入りました。

 

そして、ただラクだからという理由だけで着てきた自分の服が急に気になり出し、夫と子どもたちに聞いてみました。

 

「ねぇねぇ、この服なんかパジャマみたいじゃない?」

 

すると、夫と子どもたちは笑いながらこう言いました。

 

「パジャマみたいっていうか……普通にパジャマやんっ!!」

 

ハッとしました。

 

そ、そういえば、これパジャマやった〜〜!

 

私は普段、自宅で働いていることもあり、パジャマみたいな格好で1日過ごすことが多く、近所のスーパーでの買い物や子どもたちの習い事のお迎えも、ほぼほぼ、そのままの格好で行っています。

 

その日は梅田に行くからと、普段はしない金のネックレスをしたことで、すっかりオシャレをした気になっていたのだと思います。

 

よわい49歳、ついに私、都会をパジャマで闊歩(かっぽ)する中年女に仕上がりました。

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターやましたともこ

    高知県生まれ大阪市在住。お固い系の商社で働いた後に大胆転職。グラフィックデザイナーを経てイラストレーターに。おんなこどもをメインターゲットにヤングでゆるめなイラスト描いてます。

    同じ著者の連載

    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    マンガの新着記事

  • PICKUP