「授乳を見るまで帰らない」と言い張る義父。苦肉の策で向かった先は… #ヤバ過ぎる義父と絶縁した話 6

「ヤバ過ぎる義父と絶縁した話」6話。ブログやSNSに投稿されているAiさんが、フォロワーさんの体験談をマンガ化! 前作「分娩室乱入事件」の続編になります。主人公の美月さんが出産を終え、退院してからのお話です。

出産日の当日、分娩室に乱入した義父に出産シーンを見られてしまった美月さん。タバコを吸っていて立ち会う瞬間に間に合わなかった夫に後日そのことを話すと、ケラケラと笑いながら「親父が変な目で見ているとでも言うのかよ」とひと言。その発言と夫の態度に美月さんはブチギレ! 退院するまで義父と夫を出入り禁止にしたのでした。(※コロナ前のお話です)

あっという間に退院日を迎えた美月さんは、家に帰ることに。

 

すると、義父が美月さんと赤ちゃんの帰りを待ちわびていました。

 

「毎日遊びに来るからね」そう言った次の日から2日連続で現れた義父。

 

 また、得意げにスーパーで半額で買ったマグロを持ってきたかと思うと、自分は食べず、また美月さんだけに食べさせようとしたのです!

 

色が悪い半額のマグロを食べたくない美月さんは義父と言い合っていると、タイミング良く赤ちゃんが泣き出しました。

 

(よかった。授乳するから帰ってもらえる!)

 

そう思った美月さんですが、何と義父は授乳しているところを見せろと言ってきて……!? 

 

あり得ない! 義父の困った要望に困惑し…

「やばすぎる義父」6話

 

「やばすぎる義父」6話

 

「やばすぎる義父」6話

 

 

「やばすぎる義父」6話

 

 

「やばすぎる義父」6話

 

「やばすぎる義父」6話

 

 

「やばすぎる義父」6話

 

「別にいいだろ。家族なんだから」

 

そう言い張る義父に怒った美月さんは「もう帰ってください!」断固拒否。

 

すると、義父も一歩も譲りません。

 

(もうここしか……)

 

そう思い、向かった場所はなんとトイレ!

 

義父に振り回されることに段々と疲弊していく美月さん。

 

(情けなくて涙が出てきた……)

 

暖房もない冬のトイレで、泣きながら授乳を続けるのでした。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターAi

    2児の母でライブドアブログ公式ブロガー。 インスタやブログで過去の体験談やフォロワーさんのエピソードを漫画にして紹介しています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    65 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶