「生理中、白いボトムがはけない」は要注意!?経血量のフツーって? #マンガで読む生理のハナシ 4

【マンガで読む生理のハナシ 第4話】生理って、女性が40年くらい付き合っていくものなのに、意外とそのしくみを知らないと思いませんか? どうして生理痛があるのか、なぜ生理前にイライラするのか、どうして生理が軽い人と思い人がいるのか……。

この「マンガで読む生理のハナシ」では、生理について興味津々のマンガ家なおたろーさんと、生理マニアの産婦人科医よりこ先生が楽しく生理について語るお話です。楽しいマンガで、自分の体に起こっている「生理」のことをもっともっと知って、生理と上手に付き合っていきましょう。

 

 

続きを読む

このマンガの登場人物

 

なおたろー:
2児の母であり、このマンガの作者。学生のころから生理が重く、「PMS(月経前症候群)」以上に精神的症状が重い「PMDD(月経前不快気分障害)」により、子育てしながらのうつ症状や自傷行動に苦しんだ経験を持つ。

 

よりこ先生:駒形依子先生こまがた医院院長
東京女子医科大学医学部卒業。米沢市立病院入職後、再び東京女子医科大学に戻り、専門医を取得。同大学産婦人科に入局し産婦人科医として働きつつ、性科学を学び、また東京女子医科大学東洋医学研究所で東洋医学を学ぶ。2018年1月に地元山形県米沢市にて、こまがた医院を開業。著書に『子宮内膜症は自分で治せる(マキノ出版)』『膣の女子力~女医が教える「人には聞けない不調」の治し方(KADOKAWA)』。

 

今回のテーマは「経血量」について。では、本編をどうぞ!

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに経血量って、他人と比べる機会はなかなかないので、自分の経血量がフツーなのかどうかってわかりにくいですよね。そして、経血量が多くても少なくても、心配があることがわかりました。

 

「1回の生理での正常な経血量は20~140g」と聞いて、あなたはどう思いましたか? 140gというと計量カップ1杯にも満たない量です。「えっ、そんなに少ないの!?」と感じたあなたは、もしかしたら経血量が多いのかもしれませんね。よりこ先生が「要注意」と説明してくれた内容にも当てはまるようだったら、一度婦人科を受診するとよいかもしれません。

 

婦人科はほかの診療科以上にハードルが高いと感じる人もいるようですが、大切なのはあなたの体です。生理で困りごとを抱えているよりも、専門家に相談してスッキリすることができたら、心も体もラクになるはずですよ!

 

医療監修/駒形依子(こまがた医院 院長)

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターなおたろー

    任天堂とニチアサが大好きな転勤族主婦、2男の母。女系家族育ちだったので男児育児にてんてこまいになっています。PMDD(月経前不快気分障害)のため、低用量ピルを服用中。PMS・PMDDへの理解が広まりますように!

    同じ著者の連載

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    マンガの新着記事

  • PICKUP