「食事が拷問」我が家の料理は当番制。お互いにまずくてもおいしいと褒め続けた結果…

私たち夫婦は、結婚する際に、平日は私、休日は夫が料理を担当すると決めました。しかし、どんなにまずいものでもおいしいと言い続けた結果、途中から食事を我慢の時間と感じるようになってしまったのです。そこで私たちは、楽しい食事の時間を保つために、あるルールを考えました。

続きを読む

 

「食事が拷問」我が家の料理は当番制。お互いにまずくてもおいしいと褒め続けた結果…

 

「食事が拷問」我が家の料理は当番制。お互いにまずくてもおいしいと褒め続けた結果…

 

平日は私、休日は夫が料理を担当

私たちは結婚に際して家事をきっちりと分担することにし、料理に関しては平日は私、休日は夫が料理を担当する当番制としました。もともとお互いに大学生時代にひとり暮らしを経験しており、自炊も多少おこなってはいたため、当番自体はスムーズに回りました。

 

しかし、お互いに時々自炊をしていた程度で、料理本などで勉強をしたわけではありません。そのため、お互いに料理を失敗することも少なくありませんでした。

 

次第に食事が我慢の時間に

最初、私たちはどんなにまずいと感じても「おいしかったよ」と伝えるようにしていました。過去に私がネットで、料理を作ってもらったらどんなにまずくてもおいしいと言ったほうがいい、と書かれていたのを見たからです。

 

しかし、まずいものをおいしいと褒めてしまうと、この調理・味付けでいいのだと思うためか、お互いに料理の腕がなかなか上達せず、食事の時間が次第に「どんなにまずくても我慢しなければ……」と、拷問のような時間になっていってしまったのです……。

 

品評会をおこなうルールに変更

いつの間にか食事の時間が楽しくなくなっていることに気付いた私たちは、「まずいのにおいしいって気をつかうのはやめよう」とルールを変更。食事が終わったあとは味の濃さや味付けの好み、火の通り具合など、料理について思ったことを正直に伝え合うようにしました。

 

もちろん、作ってくれたことへの感謝も示し、おいしかったものについては相手を褒めることで、相手の料理のモチベーションを維持できるようにしました。その結果、料理の腕が2人とも上がり、お互いの好みの味付けに調整できるようになり、料理をよりおいしく食べられるようになりました。

 

 

これはあくまでも私たち夫婦の事例であり、実際はまずくても褒め続けて料理の腕が上達することもあるかと思います。

 

しかし、夫婦として長い時間を一緒に過ごす以上は、あまり嘘はつかず、ある程度は腹を割って、正直な思いを伝えることが大切なのかもしれない、と感じた出来事でした。

 

著者/百田
作画/こいでちゃこ

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事のイラスト制作者

    マンガ家・イラストレーターちゃこ

    漫画のお仕事をしています。インスタグラムでグルメ備忘録を更新中。

    同じ著者の連載

    • 通報
      ムリに美味しいって言って 食事が拷問になるのやだなー。 うちは不味いとは言わないけど 焦げすぎとか焼きすぎ ご飯やわらかすぎとか固すぎ 人参の火の通りが甘いとかは言われたかな。 10年炊事してるのに… もっと見る
      ムリに美味しいって言って
      食事が拷問になるのやだなー。

      うちは不味いとは言わないけど
      焦げすぎとか焼きすぎ
      ご飯やわらかすぎとか固すぎ
      人参の火の通りが甘いとかは言われたかな。
      10年炊事してるのに未だに失敗するよ😂笑
      その代わり美味しく出来たら
      めっちゃ褒めてくれる。
      それと、旦那の料理も不味いと思ったことないけど
      美味しいって言うこともない。
      +11 -2

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    マンガの新着記事

  • PICKUP