「生理前の痛み…じゃない?」腹痛と悪寒が止まらない!18歳の私に見つかった病気とは?

私は18歳です。初経を迎えたときからずっと生理が重く、薬もあまり効かず、生理痛で動けなくなることも多くありました。そんなある日、お昼寝から起きてトイレに行くと、急に冷や汗を伴う下腹部痛が襲ってきたのです。

続きを読む

「生理前の痛み…じゃない?」腹痛と悪寒が止まらない!18歳の私に見つかった病気とは?

 

「生理前の痛み…じゃない?」腹痛と悪寒が止まらない!18歳の私に見つかった病気とは?

 

そのまま緊急手術となり、手術を終えたの翌日、「再発を防ぐためにも、ピルを飲みましょう」と医師から言われました。 退院後は、チョコレート嚢胞の再発を防ぐため定期的な受診と、ピルの服用を続けています。

 

今思うと、生理が重いことを我慢せず、もっと早く産婦人科に行っていれば……と後悔することもあります。 しかしこれを機に、抵抗があった産婦人科に通院するようになり、自分の体の不調に気付ける良い機会にもなりました。

 

※チョコレート嚢胞とは、子宮内膜症が卵巣にできたものです。本来は子宮内にあるはずの子宮内膜が卵巣内にでき、生理のたびに増殖と剥離を繰り返し、卵巣の中に血液がたまります。その古い血液がドロドロのチョコレート状に見えるため、チョコレート嚢胞と呼ばれます。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

原案/ひがもと なぎさん
作画/ののぱ
監修/助産師REIKO

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事のイラスト制作者

    マンガ家・イラストレーターののぱ

    2014年8月生まれの息子は発達凸凹さん。(自閉症スペクトラム及びADHD) 大変なことも沢山あるけれど、ピースフルでとびきりキュートな息子にいつも笑顔をもらっているシングルマザーです!南九州に生息しています。

    同じ著者の連載

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    マンガの新着記事

  • PICKUP