記事サムネイル画像

「我々が危惧しているのは…」検査のため大きい病院へ。医師からは驚きの発言… #先天性異常を持った娘を妊娠出産した話 6

「先天性異常を持った娘を妊娠出産した話」第6話。 妊婦健診でおなかの赤ちゃんが口唇口蓋裂の可能性があると告げられたちょるりさん。口唇口蓋裂について調べるとその壮絶さに愕然。不安でいっぱいになってしまうちょるりさんでしたが、 「生まれてくるのは口唇口蓋裂児ではなく僕たちの子」「不安以上に楽しみや期待が大きい」と話す夫の言葉に少しずつ前を向けるようになっていきました。

おなかの子が口唇口蓋裂と宣告されてから約1週間後。

紹介された病院で詳しく検査してもらうことに。

 

夫の言葉を胸に病院へ受診しに行くと…

先天性異常を持った娘を妊娠出産した話 第6話

 

先天性異常を持った娘を妊娠出産した話 第6話

 

先天性異常を持った娘を妊娠出産した話 第6話

 

先天性異常を持った娘を妊娠出産した話 第6話

 

 

先天性異常を持った娘を妊娠出産した話 第6話

 

先天性異常を持った娘を妊娠出産した話 第6話

 

先天性異常を持った娘を妊娠出産した話 第6話

 

先天性異常を持った娘を妊娠出産した話 第6話

 

 

先天性異常を持った娘を妊娠出産した話 第6話

 

先天性異常を持った娘を妊娠出産した話 第6話

 

先天性異常を持った娘を妊娠出産した話 第6話

 

先天性異常を持った娘を妊娠出産した話 第6話

 

 

先天性異常を持った娘を妊娠出産した話 第6話

 

先天性異常を持った娘を妊娠出産した話 第6話

 

先天性異常を持った娘を妊娠出産した話 第6話

 

先天性異常を持った娘を妊娠出産した話 第6話

 

 

先天性異常を持った娘を妊娠出産した話 第6話

 

先生は併わせて「語弊があるかもだけど、口唇口蓋裂は手術で治していくことができるし、命に関わることはまずありません」とも仰っていました。

 

「口唇口蓋裂というだけで悲観することはない」ということと、「現状を受け入れ心構えをしておくように」ということをやさしく諭してくださったのだと思います。

 

そして心構えをする必要があるのは、私たち夫婦以外にもいて……。

 

「口唇口蓋裂ではないかも…!?」と期待を持つちょるりさんでしたが、期待通りにはならず、落胆。さらに、医師からの「合併症」のお話に心配が大きくなっていきます。しかし、医師の「赤ちゃんのために一緒に心構えをしておきませんか?」という言葉を胸に、ちょるりさんは口唇口蓋裂と合併症を受け入れ、赤ちゃんを守る覚悟を決めました。

 

 

自分の子どもの病気と向き合っていくのは不安や悩み、心配事も多く、ひとりで抱え込んでしまっているママも多いかもしれません。

そんなとき、ちょるりさんが出会った医師のような、赤ちゃんとママのこれからを一緒に考えて寄り添ってくれる人がいると、ママもパパも安心できますよね。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

監修/助産師 松田玲子

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターちょるり

    長女ゆき・次女ひー(口唇口蓋裂&自閉スペクトラム症)・長男ケイの3児の母。ひーの発達や治療を中心に、Instagramにて育児絵日記更新中!

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    1 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶