「受けて入れてもらえるかな…」義両親の反応に不安を募らせ、赤ちゃんの病気を報告するため義実家へ… #先天性異常を持った娘を妊娠出産した話 7

【先天性異常を持った娘を妊娠出産した話 第7話】妊婦健診でおなかの赤ちゃんが口唇口蓋裂の可能性があると告げられたちょるりさん。大きい病院に行き、誤診であることを願いますが、期待ははずれ落胆。しかし、医師からの「赤ちゃんのために一緒に心構えをしておきませんか?」という寄り添った言葉を胸に、ちょるりさんは口唇口蓋裂とその他の合併症を受け入れ、赤ちゃんを守っていく覚悟を決めました。

 

続きを読む

詳しい検査を受け、義両親に報告へ

おなかの子が口唇口蓋裂と宣告され、詳しく検査をするため紹介された病院を訪れた。

そこで、お医者さんからしっかりとした説明を受け、翌週診察を受けることに。

 

先天性異常を持った娘を妊娠出産した話 第7話

 

先天性異常を持った娘を妊娠出産した話 第7話

 

先天性異常を持った娘を妊娠出産した話 第7話

 

 

先天性異常を持った娘を妊娠出産した話 第7話

 

先天性異常を持った娘を妊娠出産した話 第7話

 

先天性異常を持った娘を妊娠出産した話 第7話

 

 

先天性異常を持った娘を妊娠出産した話 第7話

 

先天性異常を持った娘を妊娠出産した話 第7話

 

病院での検査で、合併症がないことがわかり一安心。

今わかる赤ちゃんのすべての情報が揃い、次やるべきことは

 

「義両親への報告

 

なんと言われるのか不安なまま義両親宅へ……。

 


生まれるまで安心はできないですが、合併症がなく安心したちょるりさん。

今の赤ちゃんの状態がわかったため義両親の家に行くことに。

 

「自分の子は受け入れてもらえるのか」、「口唇口蓋裂のことを伝えたらどう反応されるのか」と考えることは、親にとって、とてもつらいことですよね。

 

しかし、赤ちゃんは生まれてきてくれるだけで尊い存在。

 

ちょるりさんのように他の人に赤ちゃんのことを伝えるとき、ママ・パパが心配や不安を感じずに相談できるような、理解のある世の中になるといいですよね。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

監修/助産師REIKO

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターちょるり

    長女ゆき・次女ひー(口唇口蓋裂&自閉スペクトラム症)・長男ケイの3児の母。ひーの発達や治療を中心に、Instagramにて育児絵日記更新中!

    同じ著者の連載

    同じジャンルの連載

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    マンガの新着記事

  • PICKUP