「浮気したんだろ」彼に病気のことを話すと、一方的に悪者にされて… #15センチの関係 #性感染症 2

【15センチの関係~SEXから病まで】パートナーと「する」ときに痛い。「する」のがつらい。病気にかかってしまったら。避妊に失敗したときどうしたらいいの――。性に関わる不安や悩みは、なかなか周囲には打ち明けづらいですよね。大切なパートナーにならば、なおさらかもしれません。しかし、性の問題だからこそ、2人でしっかり向き合いたいもの。

物語の主人公である「柊レディースクリニック」の医師・柊 二三香(ふみか)が、クリニックに訪れる患者たちの心と体の診察をおこなうマンガ『15センチの関係~SEXから病まで』(監修/ひなた女性クリニック 院長 谷口久枝)をご紹介します。

 

二三香のクリニックで定期的に性病検査を受けている女性。二三香との出会いは2年前のことでした。女性は下腹部に痛みを覚え、検査をしてみるとクラミジアに感染していることがわかりました。彼女に「パートナーの方と一緒に治療していきましょう」と話す二三香でしたが、後日女性は「彼とは別れたのでひとりで治療を」とクリニックにやってきて……。

 

続きを読む

「浮気したんだろ」彼に病気のことを話すと、一方的に悪者にされて… #15センチの関係 #性感染症 2

 

「浮気したんだろ」彼に病気のことを話すと、一方的に悪者にされて… #15センチの関係 #性感染症 2

 

「浮気したんだろ」彼に病気のことを話すと、一方的に悪者にされて… #15センチの関係 #性感染症 2

 

「浮気したんだろ」彼に病気のことを話すと、一方的に悪者にされて… #15センチの関係 #性感染症 2

 

「浮気したんだろ」彼に病気のことを話すと、一方的に悪者にされて… #15センチの関係 #性感染症 2

 

「浮気したんだろ」彼に病気のことを話すと、一方的に悪者にされて… #15センチの関係 #性感染症 2

 

「浮気したんだろ」彼に病気のことを話すと、一方的に悪者にされて… #15センチの関係 #性感染症 2

 

「浮気したんだろ」彼に病気のことを話すと、一方的に悪者にされて… #15センチの関係 #性感染症 2

 

「浮気したんだろ」彼に病気のことを話すと、一方的に悪者にされて… #15センチの関係 #性感染症 2

 

彼としかしていないはずなのに、クラミジアに感染しまったことを伝えると、彼は「浮気をしたんだろう」と女性に疑いの言葉をかけたといいます。つらさをわかってほしくて、一緒に治療をしてほしくて勇気を出してパートナーに話したのに、彼のこの反応には怒りがこみ上げてきますね。

 

作中の女性が彼から言われたように、性感染症になってしまったというと「不特定多数の人と性行為をしている」「浮気された、遊んでいる」というふうなイメージを持たれてしまうこともまだまだ多いのかもしれません。こういったイメージがまた、性病検査を遠のかせている一因でもあるのかもしれないと思います。

 

大切なパートナーのためにも、もしお別れすることがあって次のパートナーを見つけるときのためにも、もし性感染症が見つかったら共にしっかり治療することが重要ですね。

 

記事監修/助産師REIKO

 

 


 

『15センチの関係~SEXから病まで』は、各電子書籍配信サイトにて配信中!

 

©福田素子/forcs

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター福田素子

    大分県在住。夫婦二人でマンガ作っています。 女性誌を中心に30数年以上。代表作は「橘屋繁盛記」「コドモのお医者」「きりんが丘のココロ屋」など。

    同じ著者の連載

    同じジャンルの連載

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    マンガの新着記事

  • PICKUP