つわりがおさまったと思ったら、毎日続く頭痛!妊婦健診で相談すると、意外な答えが…!?【体験談】

現在8歳になった長男を妊娠しているときのお話です。妊娠3カ月ごろから吐きづわりが始まり、妊娠6カ月ごろに落ち着きました。しかし、つわりがおさまったと安堵したのもつかの間、次は毎日続く頭痛に苦しめられたのです。

つらい吐きづわり

妊娠3カ月に入ってすぐ始まった吐きづわりでは、特に自宅のにおいがダメになり、ひどいときは1日に5回以上吐くこともありました。初めての妊娠だったので、毎日続く吐き気に「いつまで続くの?」と、私はつらくなっていました。

 

しかし妊娠6カ月に入ったころ嘔吐することはなくなり、吐き気もすっかり感じなくなっていたのです。

 

今度は頭痛が続く…

吐きづわりが落ち着いた私はホッとし、穏やかな妊娠生活をおくっていました。しかし妊娠7カ月に入ったころ、突然頭痛を感じるようになったのです。最初は「おなかが大きくなってきて睡眠が浅いから、寝不足が原因かな?」と思い、寝られるときにしっかり睡眠をとるようにしていました。

 

でも頭痛がおさまる様子はなく、毎日2、3時間程度、痛みを感じるように。我慢できない痛みではないものの、頭が重く感じるため家事をするのがつらくなっていました。あまりに頭痛が続き不安になった私は、妊婦健診で主治医の先生に相談することにしました。

 

先生に相談すると、まさかの回答が!?

頭痛のことを先生に相談したところ、「妊娠中にMRIやCT検査はしたくないから、頭痛のはっきりした原因はわからないけど……血液検査も血圧も問題ないし、妊娠経過も順調だから、症状で診断するとつわりの一種かもしれないね」とのこと。つわりの症状で頭痛があるとは思っていなかったので、私はとても驚きました。

 

先生に「あまりにもひどい痛みを感じたらすぐに連絡して」と言われ、妊娠中でも比較的安心して飲める痛み止めの薬を処方してもらいました。あまり薬は飲みたくないと思っていたものの、毎日頭痛が続くのはつらかったため、特に痛む日だけ飲むことに。薬が効くと頭痛が緩和されるので、数日に1度は飲んでいました。

 

 

結局、頭痛は出産直前まで続いたものの、妊娠9カ月ごろには頻度が少なくなっていたため、薬を飲む回数も減っていました。そして無事に出産を終えると、すっかり頭痛を起こすことがなくなったのです。つわりの症状は人それぞれ違うと聞いていましたが、それを実感した出来事でした。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

 

監修/助産師REIKO


著者:森井さやか

小学生と幼稚園児の男児2人を子育て中。育児の経験やアパレル販売員をしていた経験を生かして、子育て体験談やファッション記事を執筆している。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    ママトピの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶