「外に出せばいい」は「避妊とは言わない」!患者の間違った認識に… #15センチの関係 #避妊 3

【15センチの関係~SEXから病まで】パートナーと「する」ときに痛い。「する」のがつらい。病気にかかってしまったら。避妊に失敗したときどうしたらいいの――。性に関わる不安や悩みは、なかなか周囲には打ち明けづらいですよね。大切なパートナーにならば、なおさらかもしれません。しかし、性の問題だからこそ、2人でしっかり向き合いたいもの。

物語の主人公である「柊レディースクリニック」の医師・柊 二三香(ふみか)が、クリニックに訪れる患者たちの心と体の診察をおこなうマンガ『15センチの関係~SEXから病まで』(監修/ひなた女性クリニック 院長 谷口久枝)をご紹介します。

 

コンドームが破けて避妊に失敗してしまった、ミレーナを入れたい。二三香のもとには、避妊に関する悩みをかかえたさまざまな女性たちがやってきます。この日やってきたのも「避妊に失敗したかも?」と言う女性で……。

 

続きを読む

「外に出せばいい」は「避妊とは言わない」!患者の間違った認識に… #15センチの関係 #避妊 3

 

「外に出せばいい」は「避妊とは言わない」!患者の間違った認識に… #15センチの関係 #避妊 3

 

「外に出せばいい」は「避妊とは言わない」!患者の間違った認識に… #15センチの関係 #避妊 3

 

「外に出せばいい」は「避妊とは言わない」!患者の間違った認識に… #15センチの関係 #避妊 3

 

「外に出せばいい」は「避妊とは言わない」!患者の間違った認識に… #15センチの関係 #避妊 3

 

「外に出せばいい」は「避妊とは言わない」!患者の間違った認識に… #15センチの関係 #避妊 3

 

「外に出せばいい」は「避妊とは言わない」!患者の間違った認識に… #15センチの関係 #避妊 3

 

外に出せばいい、性行為後に腟を炭酸飲料で洗えば避妊になる……など、避妊には間違った情報も多く見受けられ、それを「正しいもの」と認識してしまっている場合も少なくありません。

 

自分の体、パートナーの体を傷つけてしまわないためにも、正しい知識をつけること、そして相手を思いやる気持ちはとても大事です。

 

※妊娠を望まないときの性行為は、性感染症予防のためにもコンドームを装着しましょう。

 

記事監修/助産師REIKO

 

 


 

『15センチの関係~SEXから病まで』は、各電子書籍配信サイトにて配信中!

 

©福田素子/forcs

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター福田素子

    大分県在住。夫婦二人でマンガ作っています。 女性誌を中心に30数年以上。代表作は「橘屋繁盛記」「コドモのお医者」「きりんが丘のココロ屋」など。

    同じ著者の連載

    同じジャンルの連載

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    マンガの新着記事

  • PICKUP