「40歳を過ぎて激変!?」生理症状の悪化で受診したら、驚きの結末に!

今まで、生理関係の悩みはあまりなかった私。一時期、ストレスがたまって生理周期が乱れたことを除けば、ほぼ28日間隔で生理がきていましたし、生理痛もほとんどありませんでした。しかし、アラフォーを迎えて生理で悩むことが多くなり……。

「40歳を過ぎて急に生理が…」婦人科で相談した結果、驚きの結末に!

 

続きを読む

40歳を過ぎて生理が悪化!

若いころは生理に関する悩みがほとんどなかった私。しかし、アラフォーになって経血量の増加と生理前の頭痛に悩まされるようになりました。経血量は昔から多かったのですが、さらに量が増加したのです。生理2日目など特に経血量が多い日は、タンポンと夜用の生理用ナプキンを両方使った上で、2時間ごとに交換しないと漏れるほど。また、排卵日前後は激しい頭痛や吐き気に悩まされるようになりました。

 

産婦人科でこれらの症状について相談したところ、先生にすすめられたのが低用量ピルの日常的な服用です。低用量ピルを服用することで、子宮内膜を厚くするはたらきがあるホルモンの分泌量が減り、経血量が減少するだろうと説明を受けました。また、ホルモンの分泌量が減ることで、排卵日前の頭痛なども軽減されるだろうとのこと。

 

低用量ピルを使い始めた結果…

産婦人科の先生のすすめに従い、私は低用量ピルを飲み始めました。処方された低用量ピルは「Qlaira(ケライラ)」と呼ばれるもので、28錠1シートになっているタイプ(※私はブラジル在住で、この低用量ピルは日本で販売されていないようです)。

 

使用を始めた最初の月、すでにうれしい効果を感じました。排卵日前後にあった激しい頭痛や吐き気が改善されたのです。服用を始めて2回目の生理時には経血量も減りました! おかげで、生理時に「漏れないかな、大丈夫かな……」と心配する必要がなくなり、低用量ピルを使い始めてからは非常に快適な日々を過ごせています。

 

さらにうれしかったのが、生理前のニキビや肌荒れが改善されたことです。生理前には赤みをおびた吹き出物がポツポツできていたのが、低用量ピルの服用を始めてからはまったく出なくなりました。

 

一方で、低用量ピルの服用には不安も…

一方で、低用量ピルを使い始めて不安に思ったこともあります。まず低用量ピルの服用を始めて最初の月は、眠気を強く感じることが多々ありました。

 

この副作用は産婦人科の先生から聞いていなかったので、少し不安に感じたことです。また、服用開始後3カ月目までは乳房の張りを感じ、産婦人科に再度相談するか悩みました。

 

 

今は、低用量ピルを服用し始めて4カ月目。長年の悩みであった経血量が減少し、排卵日前後の激しい頭痛や吐き気がなくなり、とても快適に過ごせています。眠気や乳房の張りといったトラブルはありましたが、現在はそれらのトラブルも解決しており、これからも低用量ピルを飲み続けていくつもりです。

 

ただ、低用量ピルの種類によっては体に合わない場合もあると聞きます。低用量ピルはQOLを上げてくれるものだと感じていますが、安全に低用量ピルを使い続けていくためにも、自分の体をしっかり観察し、低用量ピルとじょうずに付き合っていきたいと思います。

 

※QOL:Quolity of life=生活の質

 

著者/レイトン愛加
監修/助産師 REIKO

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    暮らしの新着記事

  • PICKUP