「どうやっても無理!」育った環境の違い?夫はかなりの偏食で…

夫は交際しているときから、かなりの偏食でした。結婚したら料理に苦労しそうだとはわかっていましたが、子どもの好き嫌いのように時間をかければ矯正できると思っていました。しかし、夫の偏食には大きな理由があったのです。

「嫌いなものは無理!」夫はかなりの偏食!その原因は義母にあった!?

 

続きを読む

夫の好き嫌いは私がなおす!

夫の嫌いな食べものはキノコ、魚介類全般、和食の煮物、芋類、納豆、こんにゃくやナスなどの食感のぐにゃっとしたもの……と挙げればキリがないほどたくさんあります。好き嫌いの一切ない私にとっては夫は何を食べて大人になったんだろうかと不思議で仕方ありませんでした。

 

嫌いな理由を聞けば「なんとなく」という夫に、結婚した当初の私は「私がおいしい料理を食べさせてあげれば、夫も苦手を克服できるはず!一緒に楽しく食事がしたい!」と考えていました。

 

嫌いなものは徹底して食べない夫

しかし、いくら調理方法を工夫しても、夫は嫌いな食材の入った食べ物を見るなり「いらない」と拒否。

 

偏食の理由は育った環境によるもの!?

夫の苦手克服を諦めたころ、子どものお宮参りの会食を、双方の両親と一緒にすることになりました。

 

義両親とは同居していたものの、食事はまったく別だったため、苦手な食材については知りませんでした。しかし、せっかくのお祝いの席なので、嫌いなものはお店に提供されないように、聞き取り調査してみたのです。

 

すると、義父も義母も嫌いなものが出てくるわ出てくるわ。さらに、義父と義母の嫌いな食材を合わせたら夫の嫌いな食べ物であることがわかったのです。

 

また後日、私が息子の苦手な食材を克服させようと料理をしていたところ、義母から「嫌いな食べ物を無理して食べさせたらかわいそう。食べられないものを、料理しても無駄でしょ」と言われました。

 

子どもの好き嫌いを克服させるのが料理を提供する母の役目だと考えていた私。理解に苦しむ発言でしたが、それも子育て方針の一つとして捉えると納得できました。

 

義母のこの発言から、夫は「嫌いな食べ物は食べないでいい」と育ってきたということがわかり、より一層夫に無理強いするのは諦めようと考えられるようになりました。

 

 

無知な私は、料理の腕次第で夫の偏食は克服できると考えていました。それは、私自身が成長の過程で親から食べ物に関わらず、苦手なことも挑戦すれば克服できると教わったためでした。しかし、夫は嫌いな食べ物を無理して食べる必要はないという親の方針のもと育ってきていたのです。

 

好き嫌いが多いことは健康のことを考えると矯正したいところではありますが、育った過程で得た私の価値観を、正反対の価値観を持つ夫に押し付けるのは良くないと、考えられるようになりました。今では食事に関して夫と意見が噛み合わないこともなくなり、楽しく食事ができています。

 

著者/まさの

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    暮らしの新着記事

  • PICKUP