「子どもが欲しい」先の見えない不妊治療。さらにある病気がわかって… #稀発月経と妊娠 2

【わたしの稀発月経と妊娠 第2話】双子のママさんであるさくらいえまさん。学生時代からの悩みは「生理不順」であることでした。社会人になっても不順のままで婦人科を受診し、ホルモン治療を開始。その後、結婚を機に薬の服用を止め、妊活に励みますが……。

 

続きを読む

生理不順はなかなか治らなくて…

「子どもが欲しい」先の見えない不妊治療。さらにある病気がわかって… #稀発月経と妊娠 2

 

「子どもが欲しい」先の見えない不妊治療。さらにある病気がわかって… #稀発月経と妊娠 2

 

「子どもが欲しい」先の見えない不妊治療。さらにある病気がわかって… #稀発月経と妊娠 2

 

「子どもが欲しい」先の見えない不妊治療。さらにある病気がわかって… #稀発月経と妊娠 2

 

「子どもが欲しい」先の見えない不妊治療。さらにある病気がわかって… #稀発月経と妊娠 2

 

「子どもが欲しい」先の見えない不妊治療。さらにある病気がわかって… #稀発月経と妊娠 2

 

「子どもが欲しい」先の見えない不妊治療。さらにある病気がわかって… #稀発月経と妊娠 2

 

「子どもが欲しい」先の見えない不妊治療。さらにある病気がわかって… #稀発月経と妊娠 2

 

「子どもが欲しい」先の見えない不妊治療。さらにある病気がわかって… #稀発月経と妊娠 2

 

多嚢胞性(たのうほうせい)卵巣症候群は、晩婚化が進む現代では珍しくない疾患だそう。
このマンガをお読みになっている方の中にもいらっしゃるかも?

 

わたしは自力で排卵できないので、毎回排卵を促す注射をしていました。

 

不妊治療に関しては、詳しく描き始めると暗くなるのでこのくらいで……。
人生で一番つらい時期だったけど、治療のおかげで子どもたちに会えたので、頑張ってよかったです。

 

◇ ◇ ◇

 

もともと子どもを望む気持ちが強かったさくらいさん。結婚後は産婦人科、不妊治療専門のクリニックで不妊治療に励みました。しかし、同時に多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん/PCOS)という診断を受けて……。不妊治療はなかなか先が見えづらく、心も体もボロボロになってしまう方も多いです。そんなとき、夫の支えはとても心強いもの。

 

さくらいさんも、夫と二人三脚の結果……双子を妊娠、出産! きっと、感動もひとしおだったことと思います!

 

監修/助産師REIKO

 

 


 

さくらいえまさんのマンガは、このほかにもInstagramやTwitterで更新されています。ぜひチェックしてみてくださいね♪

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターさくらい えま

    3歳の双子(アニくんオトくん)を育てながら漫画を描いてます。

    同じ著者の連載

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    マンガの新着記事

  • PICKUP