記事サムネイル画像

「卵巣が腫れています」検診で見つかったのはまさかの… #健康優良児の30代女が卵巣嚢腫に 1

【健康優良児の30代女が卵巣嚢腫に 1】デザインやイラストの仕事をしている長谷川ちひろさん。今回ご紹介するのは、卵巣嚢腫が見つかり手術や入院を経験した、長谷川さんの実体験をマンガ化したものです。

ある日、たまたま子宮頸がん検診を受けることになった長谷川さん。検査結果を見た医師から告げられたのは予想外のことで……!?

大ごとになってしまった

「卵巣が腫れています」検診で見つかったのはまさかの… #健康優良児の30代女が卵巣嚢腫に 1

「卵巣が腫れています」検診で見つかったのはまさかの… #健康優良児の30代女が卵巣嚢腫に 1

「卵巣が腫れています」検診で見つかったのはまさかの… #健康優良児の30代女が卵巣嚢腫に 1

 

「卵巣が腫れています」検診で見つかったのはまさかの… #健康優良児の30代女が卵巣嚢腫に 1

ある日、婦人科を訪れた長谷川さんは医師の提案で子宮頸がん検診を受けることに。検診が終わると、医師から「卵巣が腫れている」と言われて……。

 

そのとき、長谷川さんの頭をよぎったのは2年前に受けた会社の健康診断での出来事でした。当時受けた健康診断の婦人科の項目に書かれていたのは「卵巣に腫れ有り。要観察」ということ。2年前に卵巣の腫れを指摘されていたことを医師に伝えると、詳しく調べるため、MRI検査を受けることに——。 

 

数日後、長谷川さんは初めてのMRI検査にドキドキしながら病院へ行き、検査を受けたのです。たまたま受けた子宮頸がん検診で別のものが見つかるなんて、びっくりしますよね。

 

監修/助産師REIKO

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーター長谷川ちひろ

    青森県在住、30代のイラストレーター。 卵巣嚢腫になり、手術や入院した経験をマンガで綴っている。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →