「またお祈り…」日本での就活に苦戦!すると彼が意外なひと言! #一人っ子が国際結婚 2

一人っ子の私が国際結婚するまで 第2話。高校卒業後、アメリカ留学へと旅立ったみみさん。そこで11歳年上の台湾人男性ルイスさんと出会い、2人は紆余曲折を経て結ばれ、絆を深めていきました。しかし、2人が幸せになるためには、まだまださまざまなハードルが……! 現在、台湾で3人の男の子を育てるママの実録恋愛ストーリーです!

留学中、アメリカにやってきたみみさんの両親がルイスさんと対面。お母さんには好印象だったようですが、お父さんには??? そんななか、みみさんもルイスさんのお母さんと突然会うことになり……。

※今後、物語の中に東日本大震災の記録が含まれます。トラウマのある方はこの先閲覧にご注意下さい。

 

一人っ子の私が国際結婚するまで 第2話

 

一人っ子の私が国際結婚するまで 第2話

 

一人っ子の私が国際結婚するまで 第2話

 

一人っ子の私が国際結婚するまで 第2話

 

一人っ子の私が国際結婚するまで 第2話

 

一人っ子の私が国際結婚するまで 第2話

 

一人っ子の私が国際結婚するまで 第2話

 

一人っ子の私が国際結婚するまで 第2話

 

一人っ子の私が国際結婚するまで 第2話

 

みみさんとルイスさんのお母さんとの初対面は、ちょっぴり不思議な感じだったようですね。

 

その後、時は流れ、ルイスさんが大学を卒業して台湾に帰国し、超遠距離恋愛になってしまったみみさんとルイスさん。さらに、みみさんは日本に帰国して、憧れのグランドスタッフを目指して就職活動をスタートします。しかし、なかなかうまくいかず、みみさんは方向転換をして、無事内定をゲット! そして、ルイスさんのいないアメリカで、留学生活ラストの半年が始まるのでした。

 

それにしても、台湾だと就職について考え方が日本と異なるのですね。日本はどうしても「新卒」のほうが、就職時に有利になることが多い気がします。だからこそ、ルイスさんのような「卒業後はしばらく旅に出てみる」というような考え方に憧れちゃいますね。ただ、台湾の場合は、専攻と異なる職種は受けられないのだとか……。あなたなら、どちらの考え方で就職をしたいですか?

 

 


 

みみママさんのマンガは、このほかにもInstagramやブログで更新されています。
ぜひチェックしてみてくださいね!

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター樋口みみ

    台湾在住9年目、3児のママです。台湾人のダンナ、自閉症の長男たーくん(6)、次男あーくん(4)、三男りーくん(1)、長男犬けんた(7)との日常を描いてます。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶