「心がスッと軽くなった」長年の思いが解放された医師の言葉とは… #稀発月経と妊娠 4

【わたしの稀発月経と妊娠 第4話】双子のママさんであるさくらいえまさんは、学生時代から「生理不順」に悩まされていました。結婚後、本格的に不妊治療を始めることになり夫と二人三脚の結果……双子を出産! 産後も生理不順は続き、ホルモン治療をしていたとき、かかえていた疑問を医師にぶつけると……?

 

あえて生理を起こす必要はない?

「心がスッと軽くなった」長年の思いが解放された医師の言葉とは… #稀発月経と妊娠 4

 

「心がスッと軽くなった」長年の思いが解放された医師の言葉とは… #稀発月経と妊娠 4

 

「心がスッと軽くなった」長年の思いが解放された医師の言葉とは… #稀発月経と妊娠 4

 

「心がスッと軽くなった」長年の思いが解放された医師の言葉とは… #稀発月経と妊娠 4

 

「心がスッと軽くなった」長年の思いが解放された医師の言葉とは… #稀発月経と妊娠 4

 

「心がスッと軽くなった」長年の思いが解放された医師の言葉とは… #稀発月経と妊娠 4

 

「心がスッと軽くなった」長年の思いが解放された医師の言葉とは… #稀発月経と妊娠 4

 

わたしの稀発月経と妊娠シリーズ、完結です。
最後までお付き合いくださりありがとうございます。

 

◇ ◇ ◇

 

さくらいさんの「あえて生理を起こす必要はない?」という疑問に、医師の答えは「生理がこないことをストレスに感じなければ、薬をやめてもいい(あえて生理を起こす必要はない)」とのこと。

 

その答えに、さくらいさんは心がスッとラクになったと言います。長い間、生理不順に悩まされ、妊娠・出産のためになくてはならないものだった「生理」。ずっとくるかこないかの不安を抱えていたからこそ、「自分の心地よさ」で選択していいという言葉に、どこか解放されたような気持ちにもなったのかもしれませんね。

 

現在は、安定した周期で生理がくるほうがラクということで、さくらいさんは薬の服用を続けています。

 

生理は人によりさまざま。不安があれば病院を受診して、解決に導きながら自分なりに付き合っていくことが大切ですね。

 

監修/助産師REIKO

 

 


 

さくらいえまさんのマンガは、このほかにもInstagramやTwitterで更新されています。ぜひチェックしてみてくださいね♪

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターさくらい えま

    3歳の双子(アニくんオトくん)を育てながら漫画を描いてます。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    お子さまの写真
    投稿で当たる🎁

    ココをタップして
    ︎詳細を確認▶