「命がけの仕事はもう…」彼姉に衝撃の過去…言葉が出ず… #一人っ子が国際結婚 5

一人っ子の私が国際結婚するまで 第5話。高校卒業後、アメリカ留学へと旅立ったみみさん。そこで出会ったのは、親の意思で無理やり留学させられた、11歳年上の台湾人男性ルイスさん。2人が出会い、恋をし、幸せになるためには、さまざまなハードルが……! 現在、台湾で3人の男の子を育てるママの実録恋愛ストーリー!

ルイスさんは大学を卒業して台湾に帰国したあと、みみさんは就職活動のため一時日本に帰国。無事に内定をゲットして、留学生活のラスト半年を過ごすべく、アメリカに戻りました。もちろん、そこにルイスさんの姿はありません。そんな状況にみみさんは不安を感じていたら、新学期早々体調を崩し、とてつもなく心細くなり……。しかし、事情を知ったルイスさんは、お姉さんにお願いして、みみさんを病院に連れて行くなどの手配をしてくれて――。

続きを読む
 

※今後、物語の中に東日本大震災の記録が含まれます。トラウマのある方はこの先閲覧にご注意下さい。

 

 

一人っ子の私が国際結婚するまで 第5話

 

一人っ子の私が国際結婚するまで 第5話

 

一人っ子の私が国際結婚するまで 第5話

 

一人っ子の私が国際結婚するまで 第5話

 

一人っ子の私が国際結婚するまで 第5話

 

一人っ子の私が国際結婚するまで 第5話

 

一人っ子の私が国際結婚するまで 第5話

 

一人っ子の私が国際結婚するまで 第5話

 

一人っ子の私が国際結婚するまで 第5話

 

いつも元気なルイスさんのお姉さん。軽い気持ちでCAを辞めた理由を聞いてみたら、そこには衝撃の過去がありました。「やりがいは感じていたけれど、家族ができた今は……命をかけた仕事、私はできない」という彼女の家族への思いを聞くことになったのです。そして、みみさん自身も「親に大金を出してもらって、就職もしないで結婚というのは親に申し訳ない」「社会経験も積みたい」と、自分の考える未来について話したのでした。

 

その後、無事に留学先の大学を卒業し、日本に帰国したみみさん。2010年の年末のことでした。

 

仕事、結婚、家族を持つこと、そして働きながら仕事をすること――。その考え方は人それぞれです。あなたはそれぞれに、どんな思いを持っていますか?

 

 


 

みみママさんのマンガは、このほかにもInstagramやブログで更新されています。
ぜひチェックしてみてくださいね!

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター樋口みみ

    台湾在住9年目、3児のママです。台湾人のダンナ、自閉症の長男たーくん(6)、次男あーくん(4)、三男りーくん(1)、長男犬けんた(7)との日常を描いてます。

    同じ著者の連載

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    マンガの新着記事

  • PICKUP