「部屋にこない?」期待通りの誘いにドキッ。彼への恋心を自覚した私は… #0日婚 17

【0日婚〜交際0日で結婚した話〜 17話】26歳のレイナは30歳を目前にして会社を退職!故郷から遠く離れた土地で、念願だったリゾートバイトを始めることに。過去の苦い恋愛経験に加え、アラサーとなった彼女は「おひとりさま万歳!」と結婚を諦めかけていたのですが、バイト先で出会ったある男性に、いきなり「俺と結婚しない?」と言われ……!?

【前回のあらすじ】ヤマトの知人から、イラストデザインの仕事を頼まれたレイナ。初めての挑戦でわからないことも多く、ヤマトにデザインの案出しを手伝ってもらうことに。そうして、自然と二人きりで過ごす時間が増え、二人の距離は以前よりもグッと縮まりました。その後、彼の協力の甲斐もあってついにイラストが完成! これで彼と会う理由もなくなるのかと思うと、レイナは少し寂しい気持ちになり……。

 

続きを読む

私、いつの間にか彼を…

「部屋にこない?」期待通りの誘いにドキッ。彼への恋心を自覚した私は… #0日婚 17

 

「部屋にこない?」期待通りの誘いにドキッ。彼への恋心を自覚した私は… #0日婚 17

 

「部屋にこない?」期待通りの誘いにドキッ。彼への恋心を自覚した私は… #0日婚 17

 

「部屋にこない?」期待通りの誘いにドキッ。彼への恋心を自覚した私は… #0日婚 17

 

「部屋にこない?」期待通りの誘いにドキッ。彼への恋心を自覚した私は… #0日婚 17

 

「部屋にこない?」期待通りの誘いにドキッ。彼への恋心を自覚した私は… #0日婚 17

 

「部屋にこない?」期待通りの誘いにドキッ。彼への恋心を自覚した私は… #0日婚 17

 

「部屋にこない?」期待通りの誘いにドキッ。彼への恋心を自覚した私は… #0日婚 17

 

「私、彼から連絡がくるのを待ってたんだ」と、初めて自分の気持ちを自覚したレイナ。レイナ自身は無自覚でしたが、彼のことをもっと知りたいと思っていたときから、少なからず好意はあったのかもしれませんね。

 

過去につらい恋愛を経験したからこそ、もう傷つくのが嫌で、新しい恋に踏み出すのをためらっていたレイナ。

 

でも、自分の気持ちを自覚したからには、勇気を出して彼に伝えなきゃいけない。

 

そう考えたレイナは、「もう少ししたら行きます」と彼に返信し、素直な気持ちを伝えてみよう、と決意したのでした。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターReina

    海外在住のアラサー。トラブル多めの人生。 blog、Instagramにてエッセイ漫画を描いています。

    同じ著者の連載

    同じジャンルの連載

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    マンガの新着記事

  • PICKUP