「えっ…ない!」実家に必ずあった物がなくなってしまった理由に切なくなって…

私は三姉妹です。そのため、幼いころから、実家のトイレにはいつもナプキンが置かれていました。大人になり、先日久しぶりに実家に帰ったところ……。

「えっ…ない!」実家に必ずあった物がなくなってしまった理由に切なくなって…

 

「えっ…ない!」実家に必ずあった物がなくなってしまった理由に切なくなって…

 

いつも誰かが生理中だった思春期

私は三姉妹の長女として育ちました。妹たちとは年も近く、私が中学生になるころには三姉妹全員が初潮を迎えていました。

 

母も合わせて女が4人。そのため、中・高生のころのわが家は、いつも誰かしらが生理中という感じ。実家のトイレには4人分のナプキンを置く場所がどん!とあり、生理用品は常にストックされていました。

 

私にとって、ナプキンは当たり前に実家に常備してあるものだったのです。

 

三姉妹は家を出てそれぞれの生活に

大学生になると、私は家を出てひとり暮らしを始めました。その後、次女と三女も大学入学を機に、ひとり暮らしをするように。

 

3人ともそのまま実家に戻ることはなく、現在は家庭を持つなどそれぞれで生活をしています。三姉妹で賑やかだった実家も今は、定年退職した父と母がゆっくり2人暮らしする場所となりました。

 

時の流れを感じた瞬間

そんな実家に、久しぶりに帰省をしました。子どもたちを連れての帰省だったため、着替えやおむつ、おやつ等を用意するだけでもかなりの量! 準備はバタバタになり、自分の荷物は必要最小限にしました。

 

その日、私はちょうど生理中。自宅を出発してから、手持ちのナプキンがないことに気づきましたが、「まぁ実家に行けば置いてあるし」とあまり気にしていなかったのです。

 

ところが、いざ実家についてトイレに入ると、いつもあんなにたくさんストックされていたナプキンが、置き場ごとなくなっていました。

 

私たち三姉妹が巣立ち、恐らく母も使うことがなくなって、ストックの必要がなくなったナプキン……。ナプキン置き場を作らなくてもよくなったんだなと思うと、妙に時の流れを実感した瞬間でした。

 

 

学生のころは、当たり前のように、家にたくさんストックされていたナプキン。母が常に切らさないようにしておいてくれたんだなと、改めて感謝の気持ちが湧いてきました。私たち三姉妹も大人になり、母も年を取ったことを痛感。これからもっと親孝行していきたいなと思った体験談でした。

 

著者/よっちゃん
作画/まっふ
監修/助産師 REIKO

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • 通報
      実家から離れて数年じゃないよね。
      もし実家に置いてあったとしても、十数年前のナプキンを使うのはちょっと抵抗があるなー。

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶