「母に晴れ姿を…」コロナ禍で医療従事者の母が結婚式に出られなくなり…

新型コロナウイルスが流行し、私が彼と入籍したころは全国的にまん延防止等重点措置がしかれていました。そんななかで夫婦で話し合い、結婚式ではなくウェディングフォトを撮ることに。ウェディングフォトを選択した私たちの感想は……。

コロナ禍で挙式がNGに!ウエディングフォトを選択した私たちの満足度は…

 

続きを読む

コロナ禍でも結婚式を挙げたい!

新型コロナウイルスが流行り始めてから入籍した私たち。当初は結婚式を挙げるつもりでした。しかし、コロナ禍で結婚式を挙げた友人に話を聞くと、直前で参加予定者の出席が難しくなってしまったりして、いろいろと変更を余儀なくされ大変だったとのこと。

 

ただ、私は子どものころから華やかな結婚式に憧れがありました。結婚式での友人の晴れ姿はとても美しく、コロナ禍であっても、結婚式を挙げたい気持ちは変わらなかったのです。

 

そのため、当初はコロナ禍を鑑みて、親族や親しい友人だけでささやかな式ができたらと考えていました。しかし、地方在住の医療関係者である母が他県への移動を職場から禁止され、出席が難しい状況になってしまったのです。

 

ウェディングフォトを撮ることに

「自分の晴れ姿をどうしても両親に見てもらいたい」と、私は絶対に結婚式には両親を呼ぶつもりでした。でも、残念ながら母が参加できなくなってしまった。そうなると、仮に結婚式をおこなったとしても、それは私の望んだ形ではなくなってしまいます。

 

そこで夫婦で話し合い、結婚式を挙げる代わりにウェディングフォトを撮ることに決めました。フォトアルバムにして両家の両親に贈ることで、感謝の気持ちを伝えられるかなと考えたからです。

 

結果、ウエディングフォトに大満足!

新型コロナウイルス感染予防のため、私たちは結婚式のほか、新婚旅行も望んでいた内容では叶いませんでした。しかし、ウエディングフォトに関してはとても満足いくものになりました。

 

たくさんの写真の中からお互いのお気に入りの写真を選んだり、撮影のときの思い出話をしながらアルバムを作成していく作業は楽しく、私たち自身も、お互いの両親も満足できるものに仕上がりました。

 

ふたりでよく話し合いをし、お互いや親族が納得する形でフォトウエディングをおこなった結果、夫婦間の信頼関係も深まった気がしています。

 

 

当初は憧れていた結婚式を挙げることができず、とても悲しい気持ちになりました。しかし、今後コロナ禍が落ち着いたときに、新婚旅行や結婚式を改めてするのもありかなと未来に想像を膨らませています。

 

これからも、生活していくなかで希望通りにいかないことも多々あると思いますが、夫婦で力を合わせて乗り越えていきたいです。

 

著者/木曽路まる
イラスト/おんたま

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    暮らしの新着記事

  • PICKUP