「書いて…」夫による強制的な別居からの離婚届!娘も義実家に連れて行かれ…!? #私がSNSを辞めた理由 101

「私がSNSを辞めた理由」第101話。M美さんの投稿のせいで、プロジェクトリーダーに選ばれないどころか、チームから外され、自分の仕事の夢を断たれたと話したパパ。「どういうつもりであんな投稿したんだよ! おかげで俺の仕事はめちゃくちゃだよ!」とブチ切れするパパは……

「もう出て行ってよ。正直言って今は顔も見たくないんだよ」M美さんに家から出て行くように詰め寄りました。急な展開に混乱するM美さんへ、「働けば? なるべく早く出てってね」と言いながら、格安物件のチラシを渡しました。

こうしてM美さん夫婦は、別居することになったのですが……?

 

続きを読む

カビ臭い格安の六畳一間で別居生活がスタート

私がSNSを辞めた理由 第101話_1

 

私がSNSを辞めた理由 第101話_2

 

私がSNSを辞めた理由 第101話_3

 

 

私がSNSを辞めた理由 第101_4

 

私がSNSを辞めた理由 第101話_5

 

 

私がSNSを辞めた理由 第101話_6

 

私がSNSを辞めた理由 第101話_7

 

娘ちゃんも私なんかに育てられるより、義母さんに見てもらう方がはるかに良い。

パパに連れて行かれる娘ちゃんを見送りながらそう思うM美さん。

 

歓迎ムードのなか、娘ちゃんは義実家へ預けられました。

 

一方、M美さんはカビ臭い格安の六畳一間に引っ越していました。

 

「こんなところに住んでるインフルエンサーなんていないわよね、普通」

「酷すぎてネタにもならない」

こんな状況になっても“インフルエンサー”と言う肩書きにすがりつくM美さん。

 

 

引っ越しを手伝ってくれたパパは最後に……

「じゃあこれ……」

「こ、これって……」

「離婚届だよ、書いて」

離婚届をM美さんに渡しました。

するとM美さんは……?

 

 

娘ちゃんが義実家へ連れて行かれても、“義母に見てもらう方がいい”と思うM美さん。カビ臭い格安物件に移り住んでも、インフルエンサーの肩書きにすがりつき、まだSNSへの投稿ネタを探しています。こんな状況でも辞められないなんて、信じられませんね。

さらにパパから離婚届の記入を促されてしまいました。これまでの育児放棄やリボ払いの借金、パパの仕事に迷惑をかけてしまったことを考えると、離婚することになっても仕方ないのかもしれませんね……。

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターあこ

    三国一のテキトー面倒くさがり。絵が苦手なのに何故か絵を描いています。将来の夢は旅人。

    同じ著者の連載

    同じジャンルの連載

    • 通報
      父親が会社に給料明細がバレるまでの間の描写が奥さん目線が多いから どこまで娘さんを見てきたかわからないけど、奥さんの態度がおかしい事に気づく位だからさ娘さんも大事にしてたと思うよ。 プロジェクトのチ… もっと見る
      父親が会社に給料明細がバレるまでの間の描写が奥さん目線が多いから どこまで娘さんを見てきたかわからないけど、奥さんの態度がおかしい事に気づく位だからさ娘さんも大事にしてたと思うよ。

      プロジェクトのチームリーダーになるって相当大変だよ。プロジェクトチームに運良く入る事できた過去ありますがそれだってプロジェクトに関係ない、部下のフォロー、他部署の対応、クライアントとの応対、上司に提案書の提出で発想が良い等
      色んな積み重ねがある中、やっとのチームリーダーになれるかもと思った矢先だもんな…

      喋る遅さ、普段の生活(YouTube見せてた)、部屋の状況。後から旦那さんが気づいたの凄いと思うけどな。。
      +48 -29
    • 通報
      この父親は会社帰りに買い物してる描写が何回かあったし帰りたいって言っただけで早退させてもらえるし 勤務形態的にはホワイトだから仕事のせいで育児できないわけじゃないよね 給料や人間関係は超ブラックな会社… もっと見る
      この父親は会社帰りに買い物してる描写が何回かあったし帰りたいって言っただけで早退させてもらえるし
      勤務形態的にはホワイトだから仕事のせいで育児できないわけじゃないよね
      給料や人間関係は超ブラックな会社みたいだけどw
      +35 -21
    • 通報
      病院で赤ちゃんを連れている父親は、育休制度のいい会社に勤めているか、母親がT男のように必死に働いている(その場合当然育児は夫に任せっきり)からそれができます。 業種によっては育休や定時帰宅どころか、マ… もっと見る
      病院で赤ちゃんを連れている父親は、育休制度のいい会社に勤めているか、母親がT男のように必死に働いている(その場合当然育児は夫に任せっきり)からそれができます。
      業種によっては育休や定時帰宅どころか、ママ社員であっても出張や海外勤務のところがあるし、パートナーに育児を完全に任せるしかない父親や母親は世の中にたくさんいます。
      そしてパートナーというのは、こういう仕事についても子どもを任せられる人間じゃないといけません。
      夫婦揃って育児に関われるのは、それだけ二人共制度のいい会社に勤めているから、生活に余裕があるから、夫婦のようにどちらかしか育児できない方々と同じ日本社会に生きてその恩恵を受けているからです。その優位的な立場を利用して、夫婦のどちらかが育児に関われない家庭を悪く言うのはどうかと思います。
      +28 -48

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    マンガの新着記事

  • PICKUP