「どうしよう…」保育園退園の可能性大!?落ち込んでいると、電話がかかってきて… #保育園退園!? 最終話

「保育園退園!?」最終話。へー子さんは週5日勤務のパートとして復職しましたが、もっと副業に力を入れたいと思い、週4日勤務にしたいと考えていました。へー子さんは勤務時間を減らしても保育園を継続して利用できるかを市役所に電話しましたが、市役所職員からは出た言葉は「退園」。さらに、「4月だけ、正社員だったらいいんです」という言葉に理解ができず、戸惑ったへー子さんは、自分のせいで子どもたちが「保育園退園になる」と思い、気持ちがへこんだまま帰宅。すると、電話がかかってきて……。

続きを読む

どうにもならなかったらどうしようと不安になっていると…

帰宅すると電話がかかってきて……。

 

※本記事の内容は、あくまでも個人の経験談です。必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。就労状況に変更があった場合、各自治体により確認事項や手続きが異なりますので、お住まいの地域の保育課などにご確認ください。

へー子 保育園退園!? 最終話

 

へー子 保育園退園!? 最終話

 

へー子 保育園退園!? 最終話

 

へー子 保育園退園!? 最終話

 

 

へー子 保育園退園!? 最終話

 

へー子 保育園退園!? 最終話

 

へー子 保育園退園!? 最終話

 

へー子 保育園退園!? 最終話

 

電話は市役所の職員からで、保育園の件は相手側の間違いだったことが判明。

 

週4日で働くことができ、何よりも子どもたちが退園せずに済むという結果に、とりあえず、ほっとしました……。

 


結局、市役所側の間違いで、ほっとしたへー子さん。

市役所の方も人間なので間違うこともあると思いますが、子どもたちの生活にも関わると思うと、ヒヤヒヤする事件でしたね。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターへー子

    Instagramで長女・フクちゃんと次女・苺ジャム氏の育児日記や日常を描いているママ。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    マンガの新着記事

  • PICKUP