「おむつでいいもん!」から「トイレに行く!」に成長♪きっかけとなった、思わぬ出来事とは!?

わが家には4人の子どもがいます。4人を育ててきて、毎回頭を悩ませたのが、トイレトレーニングです。個人差があり、すんなりパンツに移行できた子もいれば、なかなか進まない子もいます。そして末っ子は現在トイトレ中。上の子たちの経験から声かけ次第だとはわかっていましたが、「まさかそんなことでやる気になるんだ!?」と驚いた体験談です。

試行錯誤!初めてのトイトレ!

長男のときは、いつ、どうやって始めたらいいかわからなかったトイトレ。2歳ぐらいから保育園の先生に「そろそろパンツを持ってきてください」と言われ、トイトレが始まりました。下の子たちも同じくらいに始めましたが、やっぱり経験のなかった長男のときが一番大変でした。

 

トイレに興味を持ってもらえるようにかわいい子ども用便座を買い、できたらシールが貼れるようにするなど試行錯誤。保育園の先生に方法を聞きながら、時間を見て声をかけました。おしっこは早くできるようになりましたが、うんちはなかなかトイレでできずに、結局3歳でできるようになりました。

 

個人差あり!下の子たちのトイトレ

長男で手がかかったので次に生まれた長女も覚悟はしていましたが、保育園でトイトレが始まると、すんなりトイレでできるように。2歳4カ月ほどでトイトレ完了。続いて次女もいつの間にかできるようになりました。

 

そして、始まった末っ子次男のトイトレ。今回もすんなり~とはいきませんでした。次女は使わなくてよかった補助便座でしたが、「トイレに座るのがこわい」と買い直すことに。「できたら貼ろうね!」とお気に入りのシールも買いました。

 

 

あとは声かけ!気分をのせるために…

おむつにしていても、「トイレに行く!」と言えば連れて行き、一旦座らせて「次はトイレでできるといいね!」と声かけしていました。ですが保育園ではできるのに家だと念のためにおむつをはかせていたこともあり、次男は「おむつでいいもん!」と言ってなかなかトイトレが進みません。いつかはできる!と思っていても、あとは本人次第です。

 

そんなある日、次女が従弟の家に泊まりに行くことに。すると、一緒に行きたがった次男。「トイレでできるようになったら、お泊まりできるけどな~」と言うと、「トイレでできるもん!」とやる気になってくれました。

 

 

イヤイヤ期も重なり「おむつでいいもん!」と言っていた次男は、「トイレでできるようになったらお泊まりに行ける!」という目標ができ、「トイレに行く!」と自分から行くようになりました。補助便座もいらなくなり、時には失敗することもありますが、思わぬきっかけで、自分からトイレに行く気になってくれて本当によかったです。

 

ベビーカレンダーでは、赤ちゃん時代を卒業して自己主張を始めた2~6歳までの子どもの力を伸ばし、親子の生活がもっと楽しくなる【キッズライフ記事】を強化配信中。今よりもっと笑顔が増えてハッピーな毎日になりますように!

 


著者:松田みさと

長男と次男が15歳差の2男2女の母。仕事をしながら子育てに奮闘中。現在はライターとして、自身の体験をもとに妊娠・出産・子育てに関する体験談を中心に執筆している。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶