「妻に頭を下げたら自尊心が地に落ちる」謝れなかった理由を明かした夫。自己中な自分に気づいて #僕と帰ってこない妻 310

「僕と帰ってこない妻」第310話。妻サイド編。仕事と自分にしか興味がなく、家でも家事や育児は妻任せの夫を見限り、ついに妻は娘を連れて実家へ戻った。

家出したあと一度もLINEの返信をしないままでいると、夫が突然実家へやってきた! そして、これまでの自分の心情を話し始めた。

自分はつまらない仕事で毎日を消費しているのに、キラキラ輝いていて楽しそうな妻が羨ましくて、妬ましかった。

 

しかし、妻が仕事を退職したあと、仕事との向き合い方を変えると、周りから褒められるように。いつしか仕事で自尊心を満たすことが一番になり、家庭を顧みなくなっていった。

 

でも、次第に上司から怒られることが増えて、どんどん自尊心が削られていき

 

「家でも怒られていたら、心が折れてしまう……」

 

と、家では妻のちょっとした指摘や小言に耳を傾けることもできなかったと告げた。

 

続きを読む

夫が妻に謝れなかった理由とは?

「僕と帰ってこない妻」第310話

 

「僕と帰ってこない妻」第310話

 

「僕と帰ってこない妻」第310話

 

 

「僕と帰ってこない妻」第310話

 

「僕と帰ってこない妻」第310話

 

「僕と帰ってこない妻」第310話

 

 

「僕と帰ってこない妻」第310話

 

「僕と帰ってこない妻」第310話

 

「僕と帰ってこない妻」第310話

 

 

「僕と帰ってこない妻」第310話

 

妊娠中の両親学級をドタキャンして、ノートにまとめさせたのに読むことなく紛失したときも、娘の新生児の洋服を勝手にゴミに出して捨てたときも、妻に謝らなかった夫。

 

「会社だけでなく、家でも頭を下げたら、自尊心が地の底に落ちてしまいそうな恐怖があった」

 

当時、謝ることができなかった理由をそう話した。

 

でも、夫は妻に対して「悪いことをした」と思っている理由はそれ以外にもあるようで……!?

 

 

 
ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターちなきち

    「結局、一番怖いのは人間だよね」というテーマで、エッセイ漫画を描いています。ベビーカレンダーでは実話「その人って、本当にママ友ですか?」「夫が消えました」を短期連載。

    同じ著者の連載

    同じジャンルの連載

    • 通報
      ダルい展開に飽きてきました。
      ユーグレナ 
      +69 -26
    • 通報
      皆さん…まだカズくんしか話してないのに話し合い完結した気になってないですか…? この後、雪穂さんが話して、それを聞いてカズくんがどうなるかでカズくんという人間を判断してもいいのでは…? 今まで知ら… もっと見る
      皆さん…まだカズくんしか話してないのに話し合い完結した気になってないですか…?

      この後、雪穂さんが話して、それを聞いてカズくんがどうなるかでカズくんという人間を判断してもいいのでは…?

      今まで知らなかった、気づかなかった、見失ってたことを知ってからがスタートなような。

      雪穂さんも、今まで話し合いできなかったから今後どうするからきちんと話し合いしてから判断するんじゃないでしょうか。

      雪穂さんより先にカズくんが全部悪いと言ってしまってはこれから真剣に向き合うであろう雪穂さんに失礼な気がしますね。

      それに、カズくんが登場してからのコメントをどれだけ見てもお互い様~というよりは、2人とも未熟なので片方ばかりが悪いとは思いません…
      どちらも同じように改善して、足並み揃えて歩いてほしいです。
      +75 -8
    • 通報
      これまでコメント欄で カズくんは「色々知らないだけだから教えればいい」「(子供服とかは)価値観が違うだけ」「鈍感だから気づかないけど言えばわかってくれると思う」 等々、「雪穂さんが伝えないのがよくない… もっと見る
      これまでコメント欄で
      カズくんは「色々知らないだけだから教えればいい」「(子供服とかは)価値観が違うだけ」「鈍感だから気づかないけど言えばわかってくれると思う」
      等々、「雪穂さんが伝えないのがよくない、伝えればカズくんはわかる」って論調もあったけど、
      今回の感じだと当時のカズくんには言っても伝わらない、伝わったところで(というか内心自分でもわかってて)改善しなかったんだろうね。

       「突然出て行って連絡も無視」 という極端な手段をとって(かつ他人に背中押されて)初めて、「自尊心とか言ってる場合じゃない」ってなったんなら、雪穂さんの行動はある意味正解だったのかもしれない(ショック療法?みたいな)
      +168 -16

  • あわせて読みたい

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    マンガの新着記事

  • PICKUP