「そうだったの!?」医師に告げられたのは思いもよらぬ病名で… #イライラ母ちゃん 5

【イライラ母ちゃんのPMSと向き合った話 5】2児の母である、さきさんは2人目の子どもを出産後、PMS(月経前症候群)に悩まされていました。その症状は、日常生活に支障が出るほどで……。しかし、さきさんはこのPMSを「やっつける」のではなく「向き合っていく」ことを決意!

さきさんは、PMSとうまく付き合っていくために、PMSが起こるサイクルを記録したりネットで予防法を調べたりと、自分でできることから挑戦していました。それでもPMSの悩みを完全に解消することができず、病院受診を決意!

 

婦人科の問診で、医師に告げられたこととは……!?

 

医師に告げられたのは

「そうだったの!?」医師に告げられたのは思いもよらぬ病名で… #イライラ母ちゃん 5

 

「そうだったの!?」医師に告げられたのは思いもよらぬ病名で… #イライラ母ちゃん 5

 

「そうだったの!?」医師に告げられたのは思いもよらぬ病名で… #イライラ母ちゃん 5

 

「そうだったの!?」医師に告げられたのは思いもよらぬ病名で… #イライラ母ちゃん 5

 

「そうだったの!?」医師に告げられたのは思いもよらぬ病名で… #イライラ母ちゃん 5

 

「そうだったの!?」医師に告げられたのは思いもよらぬ病名で… #イライラ母ちゃん 5

 

「そうだったの!?」医師に告げられたのは思いもよらぬ病名で… #イライラ母ちゃん 5

 


受診したのは、妊婦健診でお世話になった婦人科。「イライラの症状がつらい」と説明すると、医師から「PMDD(月経前不快気分障害)もありそう」と告げられて……。しかし、ひとまずPMSの治療から始めることにしたさきさん。

ピルか漢方薬の服用がおすすめだと医師に言われ、次の受診日までにどちらで治療をするか決めることに。受診したことで、自分ひとりでは気づくことのできなかった疾患の可能性を知ることができ、一歩前進ですね。

監修/助産師REIKO

 

 


 

さきさんのマンガは、このほかにもInstagramで更新されています。ぜひチェックしてみてくださいね♪

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターさき

    2歳差きょうだい(姉と弟)の母。育児漫画や、自身の体験談をInstagramで更新中。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    お子さまの写真
    投稿で当たる🎁

    ココをタップして
    ︎詳細を確認▶