「下着にシミ…!」一瞬で察した!しかし、家には父と弟だけ…どうしよう!?

私が初潮を迎えたのは10歳のとき。生理について学校で学んでいましたが、トイレで下着が汚れていたのを見たときは、動揺を隠せませんでした。そして、初潮を迎えたとき、家には父と弟しかいなくて……。

「パンツにシミ…!」一瞬で察した!しかし、家には父と弟だけ…どうしよう!?

 

「パンツにシミ…!」一瞬で察した!しかし、家には父と弟だけ…どうしよう!?

 

トイレでひとりパニック

もう29年も前のお話ですが、初潮の経験は今でも記憶に残っています。その日、母は友だちと遊びに出かけていて、家には父と弟と私の3人だけ。晩ごはんはあらかじめ母が準備してくれていました。

 

晩ごはん前、私はおなかに違和感を覚えトイレへ。そこで下着に赤い染みが着いていることに気がつき、衝撃を受けました。当時、学校ですでに女性・男性の体のしくみや初潮のことも教えてもらっていたので、一瞬で「せ、生理になっちゃった……」と理解した私。衝撃からしばらく硬直してしまいました。

 

本来なら母に相談するところでしたが、母は外出中。私は下着をどうすることもできず、とりあえず厚く巻いたトイレットペーパーをナプキンの代わりにしてトイレを出ました。

 

対処の仕方がわからなかった

それから、私は何事もなかったふりをして晩ごはんを食べていましたが、「お父さんに相談するわけにもいかないし……」と、頭の中は「生理がきたこと」で頭がいっぱい。

 

また、このとき生理について勘違いをしていて、「生理がくると24時間365日、一生出血し続ける」と思い込んでいた私。そのため、誰も相談できる人がいないという状況に、より不安と恐怖でいっぱいでした。

 

母が帰ってきたあと…

その後、母が帰宅。母の顔を見たときは心底ホッとした記憶があります。そして「生理がきたこと」を話すと母は驚いていました。どうやら予想よりも私の初潮が早かったようです。体の変化やナプキンの使い方など、慌てて教えてくれました。

 

そして、母は「生理は大人になった証。恥ずかしいことじゃないよ」と話してくれ、ようやく安心できたのです。私が次々と質問することに対して、母は的確に教えてくれました。もちろん、生理は「24時間365日続くものではない」ということも。

 

 

10歳のころ、同じクラスで初潮を経験したのは私を含めまだ3、4人程度だったと思います。そのため、まだ初潮を迎えていなかった友だちに、「生理はこういうものなんだよ」と自分の経験談を話すこともできました。

 

まだ私には子どもがいませんが、もし女の子を授かることができたら、きっと自分の経験をもとにアドバイスができるのではないかなと思っています。母がしてくれたように「恥ずかしいことじゃないよ」と伝えてあげたいです。

 

著者/池森 りえ
作画/ののぱ
監修/助産師 REIKO

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事のイラスト制作者

    マンガ家・イラストレーターののぱ

    2014年8月生まれの息子は発達凸凹さん。(自閉症スペクトラム及びADHD) 大変なことも沢山あるけれど、ピースフルでとびきりキュートな息子にいつも笑顔をもらっているシングルマザーです!南九州に生息しています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    プレゼント&アンケート

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶