「おばあちゃんがかわいそう…」幼いわが子が深夜に涙した、意外な理由とは…

幼い子どもたちを寝かしつけていると、当時4歳だった娘が突然質問してきた。「おかあさんのおかあさんって、おばあちゃん? じゃあ、おばあちゃんのおかあさんはどこにいるの?」すると、突然娘が泣き出して……。TwitterやInstagramにて日常のひとコマや育児の漫画を公開しているさざなみさんによる、娘さんのほっこりやさしいエピソードをご紹介します!

おばあちゃんのおかあさん

まだ長女が4歳のころ。

ある晩子どもたちを寝かしつけていると、ふとある質問をされ……。

おばあちゃんのおかあさん_1

 

おばあちゃんのおかあさん_2

 

 

おばあちゃんのおかあさん_3

 

おばあちゃんのおかあさん_4

「おばあちゃんのおかあさんがしんじゃって、おばあちゃんがかわいそう」
おばあちゃんの気持ちを想って涙する娘さんは、なんてやさしくてきれいな心の持ち主なのでしょう。


大人になると感情の振れ幅が少なくなってしまいますが、

自分が知らない誰かを想像して涙することができる子どもの純粋さというのは、本当に尊くて救われますね。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • 連載 母とくせっ毛姉妹の日常
    最新話が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    5 クリップ
    \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターさざなみ

    6歳と3歳のくせっ毛姉妹の育児中ママ。2021年1月21日書籍「どんなときでも味方だよ」って伝えたい!KADOKAWAより発売中

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶