ママネタ 育児 育児の悩み 育児あるある 育児中のQ&A 発達・発育

離乳食開始前にできる!赤ちゃんの発達につながる遊びを保育士が教えます

269
この記事では、もうすぐ離乳食導入期を迎えるママたちへ、赤ちゃんの発達につながる簡単な遊びを保育士の中田馨さんが紹介しています。離乳食が始まる前に、遊びを通して赤ちゃんの発達を育んでいきましょう。

赤ちゃんの発達遊び

 

こんにちは。保育士・離乳食インストラクターの中田馨です。生後4~5カ月になると、「もうすぐだな」と思うのが離乳食。初めての離乳食だと分からないことだらけで不安なこともあると思います。そんなママへ、今日は普段の遊びを通してできる赤ちゃんの発達につながる簡単な遊びをご紹介します!

 

続きを読む

口の発達につながる遊び

生まれてから、母乳やミルクしか口に入れたことがない赤ちゃん。乳汁を吸って飲み込むことは生まれ持った能力ですが、離乳食を食べることは練習をして獲得していく能力です。生後5カ月になり、口の発達が離乳食を受け入れる準備ができているほうがスムーズに進みます。この遊びは発語にもつながるのでぜひチャレンジしてみてください!
 

■生後2カ月ごろからできる遊び
「うっくん」と赤ちゃんに語りかけます。

■生後4カ月ごろからできる遊び
舌を左右に「レロレロ」と言いながらゆっくり動かします。

■生後7カ月ごろからできる遊び
くちびるを「ぶうううう」と振るわせます。


どの遊びも、ポイントは赤ちゃんと目を合わせてからおこなうこと。赤ちゃんはママの口の動きを観察し、時間をかけてマネをしようとしますよ。
 

くちびる「ぶうううう」は、食事中にされるととっても困るのですが、それも赤ちゃんの発達の段階でもあります。遊びのときだけすることを赤ちゃんに伝えていきましょう。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み

この記事にいいね!しよう

現在ログインしていません。

  • コメントがありません

 
 

ママネタの人気記事ランキング

みんなが見ている人気の記事をチェック!

クリップした記事をチェックする

ログイン

メールアドレス

パスワード

新規ユーザー登録(無料)

違反報告

ガイドラインに違反していると思われる投稿を見つけた場合は、このフォームから報告できます。
ご利用のルールとマナー」。

報告内容(1,000文字以内)

残り文字

ご注意ください

・いただいた報告にベビーカレンダーが個別にお答えすることはありません。

・いただいた報告に基づいてベビーカレンダーが対応、処置することをお約束するものではありません。