記事サムネイル画像

「破裂したかも」冷や汗が止まらない…。そのときは突然やってきて… #卵巣のう腫破裂 3

【生理痛・卵巣のう腫破裂がしんどすぎて出産が◯◯だった話 第3話】2022年に娘・ぽっぽちゃんを出産し、夫・ハトさんと3人で暮らすえんさん。このお話は、えんさんがハトさんと結婚される前の出来事です。

ひどい生理痛で悩んでいたえんさんは、婦人科でピルを処方してもらい、生理痛のない生活を送ることができるようになりました。しかし、あるときの検診で医師から「右の卵巣がパンパンに腫れていて、いつ破裂してもおかしくない状態です」と告げられて……。えんさんがつらい生理痛、卵巣のう腫の手術を経て、ぽっぽちゃんを妊娠、出産するまでの体験談をお届けします。

 

卵巣が破裂?…怖すぎる

「破裂したかも」冷や汗が止まらない…。そのときは突然やってきて… #卵巣のう腫破裂 3

 

「破裂したかも」冷や汗が止まらない…。そのときは突然やってきて… #卵巣のう腫破裂 3

 

「破裂したかも」冷や汗が止まらない…。そのときは突然やってきて… #卵巣のう腫破裂 3

 

「破裂したかも」冷や汗が止まらない…。そのときは突然やってきて… #卵巣のう腫破裂 3

 

「破裂したかも」冷や汗が止まらない…。そのときは突然やってきて… #卵巣のう腫破裂 3

 

「破裂したかも」冷や汗が止まらない…。そのときは突然やってきて… #卵巣のう腫破裂 3

 

「破裂したかも」冷や汗が止まらない…。そのときは突然やってきて… #卵巣のう腫破裂 3

 

「破裂したかも」冷や汗が止まらない…。そのときは突然やってきて… #卵巣のう腫破裂 3

 

「破裂したかも」冷や汗が止まらない…。そのときは突然やってきて… #卵巣のう腫破裂 3

 

かかりつけの病院では手術をすることができず、大きな病院を紹介してもらうことになりました。しかし、手術は2カ月後……。

 

えんさんは「卵巣がいつ破裂するかわからない状態」のまま、手術までの2カ月を過ごすことになりました。不安はあったそうですが、痛みや違和感はなく普段通りに過ごせたとのこと。また、救急車を呼ぶシミュレーションもしていたようでしたが「まさか呼ぶことにならないだろう」と思っていたそうです。

 

しかし、そのときは突然やってきました。友人との外食中、えんさんは腹部の痛みに襲われました。痛みはどんどん強くなり、「破裂したのかも」とえんさんは救急車を呼ぶことに……。卵巣のう腫の破裂や卵巣がねじれてしまう茎捻転などは、生理痛と比べ物にならないほどの痛みを感じる場合がほとんど。意識を失ってしまう人もいるほどです。このときのえんさんの痛みもきっと想像を絶するものだったのではないかと思います。すぐに救急車を呼べてよかったです。

 

監修/助産師 REIKO

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 


 

えんさんのマンガは、このほかにもInstagramやブログで更新されています。ぜひチェックしてみてくださいね♪

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターえん

    30代凡人。夫と娘(2022年2月誕生)の3人暮らし。インスタやブログで過去の話や現在の日常をイラストで描いています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →