「意識がなくなった」慌ただしい手術室、看護師に腕をさすられて… #卵巣のう腫赤裸々レポ 26

【卵巣のう腫赤裸々レポ 26】普段はイラストレーターとして活動している町田ねねこさん。今回ご紹介するのは、卵巣のう腫が見つかってから入院に至るまでのねねこさんの体験談をマンガ化したものです。

手術当日、緊張しながら手術台に登ったねねこさん。麻酔を入れられると、ねねこさんの意識は次第にもうろうとしていって……!?

 

手術開始

「意識がなくなった」慌ただしい手術室、看護師に腕をさすられて… #卵巣のう腫赤裸々レポ 26

 

「意識がなくなった」慌ただしい手術室、看護師に腕をさすられて… #卵巣のう腫赤裸々レポ 26

 

「意識がなくなった」慌ただしい手術室、看護師に腕をさすられて… #卵巣のう腫赤裸々レポ 26

 

「意識がなくなった」慌ただしい手術室、看護師に腕をさすられて… #卵巣のう腫赤裸々レポ 26

 

「意識がなくなった」慌ただしい手術室、看護師に腕をさすられて… #卵巣のう腫赤裸々レポ 26

 

「意識がなくなった」慌ただしい手術室、看護師に腕をさすられて… #卵巣のう腫赤裸々レポ 26

 

「意識がなくなった」慌ただしい手術室、看護師に腕をさすられて… #卵巣のう腫赤裸々レポ 26

 

「意識がなくなった」慌ただしい手術室、看護師に腕をさすられて… #卵巣のう腫赤裸々レポ 26

 

「意識がなくなった」慌ただしい手術室、看護師に腕をさすられて… #卵巣のう腫赤裸々レポ 26

 

「意識がなくなった」慌ただしい手術室、看護師に腕をさすられて… #卵巣のう腫赤裸々レポ 26

 

「意識がなくなった」慌ただしい手術室、看護師に腕をさすられて… #卵巣のう腫赤裸々レポ 26

 

「意識がなくなった」慌ただしい手術室、看護師に腕をさすられて… #卵巣のう腫赤裸々レポ 26

 

「意識がなくなった」慌ただしい手術室、看護師に腕をさすられて… #卵巣のう腫赤裸々レポ 26

 

「意識がなくなった」慌ただしい手術室、看護師に腕をさすられて… #卵巣のう腫赤裸々レポ 26

 

「意識がなくなった」慌ただしい手術室、看護師に腕をさすられて… #卵巣のう腫赤裸々レポ 26

 

起床後、便のチェックなど事前の準備を済ませ、手術室へ向かったねねこさん。そして、ついに手術台へ!
医師や看護師がテキパキと準備を進める中、点滴から麻酔が注入されていき……。看護師さんに手をさすってもらっていると、ねねこさんの意識はスッと落ちるようになくなったのです。麻酔をしたときの感覚など、実際に経験した方のレポはとても参考になりますね!

監修/助産師 REIKO

 


 

町田ねねこさんのマンガは、このほかにもInstagramやTwitterで更新されています。ぜひチェックしてみてくださいね♪

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター町田ねねこ

    北海道在住、20代後半のイラストレーター。 自身の卵巣のう腫体験談をマンガで綴っている。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶