「腰が爆発しそう!いってぇぇ!」ぐわんぐわんする痛みにひたすら耐えた結果…!? #初産分娩3時間のお産 6

「初産分娩3時間のお産」第6話。1児のママ、yasuco(@yas_uco)さんが2017年に娘さんを出産したときの体験談をつづっています。初産で分娩時間3時間だったことから、周りからは「安産で良かったね!」と言われたyasucoさん。しかし、実際の出産は思っていた以上に大変で……!?

出産予定日を8日後に控えたyasucoさんは、深夜に突然破水し、旦那さんと一緒に病院へ向かうことに――。

 

助産師さんに声をかけると「まずは破水かどうかを確認しますね」と、陣痛室へ案内されます。

 

そこで助産師さんが確認し、破水していることがわかると、その場で入院が決定。

 

しかしその後、陣痛が来ているのか、子宮口の開きはまだなのかを助産師さんが確認すると、まだ当分生まれそうにないという結果に……。

 

そのため、旦那さんは一度家に帰宅することに!

 

このときはまだ痛みなどを感じていなかったyasucoさんは、元気に「おやすみ~」と言って、旦那さんを見送ったのでした。

 

「痛くなったらスグ呼んでくださいね」と言われ、ひとりになったyasucoさん。

 

すると、ぎゅうぅ~んとおなかから音が鳴り、軽い生理痛のような痛みを感じるように。

 

その後、その痛みは治まったのですが、少し時間が経つと、またぎゅう~~~と痛みが増してきて……!?

 

さっきより痛い! ぎゅうぅ~んとした痛みが襲ってきて…

初産分娩3時間のお産 6

 

初産分娩3時間のお産 6

 

初産分娩3時間のお産 6

 

 

初産分娩3時間のお産 6

 

初産分娩3時間のお産 6

 

ぎゅうぅ~んとした痛みが強くなり、寝られなくなってしまったyasucoさん。

 

(腰が爆発しそう……!!!)

 

そう思いながらも無を装い、自分で自分に暗示をかけます。

 

(まだ耐えられる!! まだ……)

 

必死に耐えていたのですが、

一瞬我に返ると、耐える必要あったっけ!?と自問自答。

 

ひたすら痛みに耐えた結果、午前6時に初めてナースコールを押しました。

 

助産師さんはyasucoさんを見た瞬間、

「結構しんどそうですね。大丈夫ですか!?」と声を掛けます。

 

助産師さんが来たことでどこかホッとしたyasucoさん。

 

窓からは朝日が差し込んでいて、

スズメの鳴き声を聞きながら朝を迎えたのでした。

 

 

(腰が爆発しそう!)と思いながらも、結構ねばって痛みに耐えていたyasucoさん。途中で助産師さんの言葉を思い出し、我に返ってナースコールを押すことができてよかったです。


監修/助産師REIKO

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターyasuco

    2017年生まれの娘のママで、3人家族! 出産マンガや育児マンガを始め、イラストなども描いています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    8 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶