「嫌な予感」人間ドックで子宮筋腫の相談をしようと思ったら… #人間ドックで指摘された子宮筋腫 1

「人間ドックで指摘された子宮筋腫」第1話。グラフィックデザイナーで一児の母のなつきちさん。人間ドックで子宮筋腫について指摘されたことについてのマンガを紹介します。人間ドックを受けることにしたなつきちさん。子宮筋腫持ちだったため、婦人科検診で相談してみようと思っていたのですが……。

この記事の監修者

医師天神尚子 先生
産婦人科 | 三鷹レディースクリニック院長

日本医科大学産婦人科入局後、派遣病院を経て、米国ローレンスリバモア国立研究所留学。その後、日本医科大学付属病院講師となり、平成7年5月から三楽病院勤務。日本医科大学付属病院客員講師、三楽病院産婦人科科長を務めた後、退職。2004年2月2日より、三鷹レディースクリニックを開業。
新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
15 クリップ

 

人間ドックで嫌な予感がして…

人間ドックで指摘された子宮筋腫 1

 

人間ドックで指摘された子宮筋腫 1

 

人間ドックはいつも同じクリニックで受けている私。

 

子宮筋腫持ちだということがわかっていたので、いつも婦人科検診をしてくれる女性の先生に、相談しようと思っていました(2021年の出来事です)。

 

しかし扉を開けた先にいたのは、今まで診てもらっていた先生ではない、おじいちゃんの先生。

少し嫌な予感がしました……。

 

「いやいや、人を見かけで判断してはいけないな」と思い直して診察台に座ったのですが……座った瞬間、がん検診のための細胞を取る器具を、間髪入れずにかなりの勢いで腟に突っ込まれて、とっても痛い!

 

その後の超音波の器具を入れられたときも、もちろん痛い!

 

今まで受けた婦人科検診の中でダントツに痛かったのです(涙)。

 

ー------------------------

 

なつきちさんは直感的に、「この先生はひと癖あるぞ」と思ったそう。不思議とそういう直感が当たることって多いですよね。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

 

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • 連載 人間ドックで指摘された子宮筋腫
    最新話が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    6 クリップ
    \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターなつきち

    グラフィックデザイナーを生業としている一児の母。基本元気だが、数年に1回大病に見舞われて周りに大迷惑をかけている。22、32歳のときに手術入院をしているので42歳を迎えるのが恐怖。今はもっぱら歯のことで悩み中。育児漫画も描いている。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶