「俺たちみたいに結婚で失敗してほしくない」父が語った私への思いとは? #0日婚 31

【0日婚〜交際0日で結婚した話〜 31話】26歳のレイナは30歳を目前にして会社を退職!故郷から遠く離れた土地で、念願だったリゾートバイトを始めることに。過去の苦い恋愛経験に加え、アラサーとなった彼女は「おひとりさま万歳!」と結婚を諦めかけていたのですが、バイト先で出会ったある男性に、いきなり「俺と結婚しない?」と言われ……!?

【前回のあらすじ】ヤマトが説得したことで、なんとかレイナの母に結婚を認めてもらえた二人。次は、レイナの父に会いに行くことに。レイナの継母や義兄弟たちが「おめでとう!」「海外に行くなんてすごいね〜!」と祝ってくれる中、お父さんだけが「待てよ! ワシは結婚に納得してないぞ」と反対。続けて、「急に結婚して海外に行きますなんて報告してきて……そんなふざけた結婚、認めるわけないだろ!」と怒鳴ってきて……。

 

父なりの愛情

「俺たちみたいに結婚で失敗してほしくない」父が語った私への思いとは? #0日婚 31

 

「俺たちみたいに結婚で失敗してほしくない」父が語った私への思いとは? #0日婚 31

 

「俺たちみたいに結婚で失敗してほしくない」父が語った私への思いとは? #0日婚 31

 

「俺たちみたいに結婚で失敗してほしくない」父が語った私への思いとは? #0日婚 31

 

「俺たちみたいに結婚で失敗してほしくない」父が語った私への思いとは? #0日婚 31

 

「俺たちみたいに結婚で失敗してほしくない」父が語った私への思いとは? #0日婚 31

 

「俺たちみたいに結婚で失敗してほしくない」父が語った私への思いとは? #0日婚 31

 

「俺たちみたいに結婚で失敗してほしくない」父が語った私への思いとは? #0日婚 31

 

「俺たちみたいに結婚で失敗してほしくない」父が語った私への思いとは? #0日婚 31

 

レイナが生まれる前に両親はすでに離婚していて、幼いころから父と母の2つの家庭を行き来していたレイナ。そういった経験から、レイナはずっと両親からの愛情に複雑な思いを抱き、「私は本当に愛されているのだろうか」と感じていました。

 

しかし、継母の「みんなレイナのことが本当に大切なの。レイナはなんでも一人で背負い込んでしまうから、ヤマトくんがちゃんと見てあげてください」、お父さんの「ワシの目の届く範囲で幸せになってほしいんだ」という言葉に、「父も継母も、私のことをこんなに気にかけてくれていたなんて」と、親から大切に思われていることを実感できたそうです。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターReina

    海外在住のアラサー。トラブル多めの人生。 blog、Instagramにてエッセイ漫画を描いています。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    1 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶