「シーツ濡れてる…?」気持ち悪くて起きたらまさかの…? #切迫早産で入院中に同室の人が辛かった話 13

「切迫早産で入院中に同室の人が辛かった話」第13話。あおばさんが上の子どもを妊娠中のとき、切迫早産で入院することになったお話です。

切迫早産で入院してから、1カ月半が経ち、あおばさんは妊娠37週が近づいてきました。ある日ロビーで、大量の不正出血によって入院となった美山さんは、大きくなったあおばさんのおなかを見て触り、「ここまでたどり着けるのかな」と小さな声で言いました。

 

それから数日後の深夜。足音と静かな空間に響くひそひそ声で、あおばさんは目が覚めました。カーテンの向こうには看護師さんたちがいる様子。

 

そして、看護師さんたちが病室から出ていった後、美山さんのベッドからカーテン越しに泣き声が聞こえてきました。

 

すると、花野さんから連絡が。花野さんは最初の方から起きていたようで、美山さんが出血したことを教えてくれました。

もっと大きい病院に転院することになってしまい…

あおば13

 

あおば13

 

 

あおば13

 

 

あおば13

 

あおば13

 

あおば13

 

あおば13

 

 

あおば13

 

あおば13

 

あおば13

 

あおば13

あおば13

 

美山さんが看護師さんと診察室から病室に戻ってきました。カーテンの向こうから、小さな声だったけれど、「赤ちゃん無事で良かったね」という看護師さんの言葉が聞こえたあおばさんは、すごくホッとしました。

 

時間もまだ遅かったので、美山さんに声をかけに行くわけにもいかず、ベッドに横になったあおばさん。いろいろ考えてしまって、その夜はあまり眠れませんでした。

 

朝になると美山さんのカーテンが開いていたので、あおばさんはいつも通り朝のあいさつをしました。すると、「昨日起こしてしまって、ごめんなさいね」と謝る美山さん。夜中に気持ち悪くて起きてしまい、そのときに出血に気がついたのだと言いました。

 

そして、赤ちゃんは無事だったけれど、先生から「大きい病院に転院した方が良い」と言われたことを話してくれました。美山さんの転院と、あおばさんの退院が同じ時期となり、花野さんはひとりきりに……。

 

あおばさんは妊娠37週で無事退院することができました。「予定日まで時間があるので準備がんばるぞー」と意気込んでいました。

 

が、しかし……。

 

結局退院して3日後に、また入院することになってしまったのでした。

 

◇   ◇   ◇

 

美山さんのおなかの中の赤ちゃんが無事で、よかったですね。美山さんは大きい病院に転院することになったそうです。美山さんの転院とあおばさんの退院が、ほぼ同じ時期になったので、花野さんは寂しがっていたのだとか。似た境遇のあおばさんたちは、3人でお互いに支え合って過ごしていたのでしょうね。

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターあおば

    ワーママで2児の母。毎日なんとかなるさ精神で生きています。精神安定剤はココア。主にブログとインスタを中心にマンガを投稿中。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    22 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶