「すぐに言えよ!」ごめんなさい…でも…大人なのに全部ママに報告する彼に… #トンデモ婚約破棄 30

【トンデモ男と婚約破棄した話 第30話】幸せな家庭を築くことが夢だった、うみさん。当時付き合っていた彼と婚約したものの、なかなか進まないどころか、一緒にいればいるほど彼のトンデモぶりが露呈して……。実体験を元にした婚約破棄マンガです!

結婚を控えたうみさん。彼都合で、海外挙式+高級ブランド店での国内パーティーという高額プランになり、もっと貯金しなくちゃと奮闘する日々。しかし同棲を始めると、彼は家事を押し付ける上に酷評するように。さらに、彼ママに「国内パーティーは親戚だけ」と初耳の話を聞かされて驚愕! 彼に確認すると「お前が口出す権利はない」「お前のわけわかんねー友だちに出す金なんてない」「お前は非常識。みんなそう思ってる」と自分勝手な理由で罵倒され、うみさんは心を病んでしまいました。そんなとき、彼ママから結婚式のアクセサリー購入用にとお金をもらったことを、彼に報告し忘れていたうみさん。すると彼は「だまってればバレないと思った?」と言い始め――。

 

トンデモ男と婚約破棄した話 第30話

 

トンデモ男と婚約破棄した話 第30話

 

トンデモ男と婚約破棄した話 第30話

 

トンデモ男と婚約破棄した話 第30話

 

トンデモ男と婚約破棄した話 第30話

 

トンデモ男と婚約破棄した話 第30話

 

トンデモ男と婚約破棄した話 第30話

 

トンデモ男と婚約破棄した話 第30話

 

うみさんが彼ママに結婚式用のアクセサリー代をもらったことを彼に黙っていたことが気に入らなかった彼。彼は、人からもらったり、おごってもらったりしたら、すぐに彼ママに報告しているといいます。確かに今回、彼ママにもらったお金のことを彼に伝え忘れていたのは、うみさんが悪いかもしれません。でも、別に悪気があって隠していたわけではないし、その日の朝のことです。それに、「大人になのに、全部ママに報告してるの!?」ということが疑問になったうみさん。しかし「ここではママが言うことが法律なんだ…」と思うようになってしまったのです。

 

自分できちんと御礼が言えない、親も相手に御礼をすべき年代のころは、彼の言うように「その日にあったことを親に報告すべき」かもしれません。しかし、彼もうみさんももういい大人です。自分がしてもらったことは自分で御礼を言えば、親にまで御礼を言ってもらう必要はないでしょう。しかし、彼はいまだに「ママへの報告がマスト」と考えているようなのです。今回の件は、彼ママにもらったことなので、彼への報告が必要だったことは、うみさんも自覚しているようですが、この一件で、彼のちょっと異常な考えが露呈したのです。あなたは、このような彼の考えについて、どう思いますか?

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターうみ

    30代の独身。職業はグラフィックデザイナー(+イラストレーター)。嫌なことが起こりすぎて、つらい出来事を浄化するためにマンガをかき始めました!楽しんで読んでくださる方がいらっしゃったら……救われます!

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    8 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • 通報
      その昔「不幸の手紙」というものがあったけど、彼は付き合った人が不幸になる「不幸の男」だと思う。
      大変な目に遭ったけど、結婚前に気付けて良かった。

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶