「娘の発達が遅いかも…」公園から帰ってきた夫がかなり落胆していて… #夫が別人のようになった話 58

「子どもができたら夫が別人のようになった話」第58話。今回は夫が初めてひとりで娘さんを公園に連れて行ったときのお話です。「近所の公園行ってくる」と夫は娘のあきちゃんを抱きかかると、家を出て行ったのですが……!?

「公園行ってくる」と突然夫が言い出して…

夫が別人のようになった話 58

 

夫が別人のようになった話 58

 

夫が別人のようになった話 58

 

 

夫が別人のようになった話 58

 

夫が別人のようになった話 58

 

夫が別人のようになった話 58

 

夫が別人のようになった話 58

 

 

夫が別人のようになった話 58

 

夫が別人のようになった話 58

 

夫が別人のようになった話 58

 

夫が別人のようになった話 58

 

夫が別人のようになった話 58

 

 

夫が別人のようになった話 58

 

夫の発言に驚くさやこさん。

 

今まで娘と2人でどこかに出かける事は何度かあったものの、

それは何かのイベントに連れて行くばかりで、

夫の行きたいところが優先だったからです。

 

そして公園に行って帰ってくると、

何だかドヨ〜ンとした空気をかもし出してる夫。


(公園で何かあった?)

 

そう思いながらも、さやこさんは特に夫に質問することもなく、

その日の夜に……。

 

寝る前に布団の中で夫が口を開くと、

「確かにちょっと遅いかもしれん……」と、

娘さんの発達のことを話し始めたのです。

 

今まで何回も娘さんの発達に関して、夫に伝えていたさやこさんは、

「これまでにさんざん言ってただろがー!」と言いたかったものの、

そこをグッとこらえ、「発達の予約を取ろうと思ってて……」と切り出します。

 

すると「頼む……」と返した夫。

 

この日は夫婦で口論には発展せず、

すんなり会話が終了したのでした。

 

 

自分が公園に連れて行ったことで娘さんの発達の遅れに関して、ようやく気付くことができたのですね。夫が自覚したことで、今後は娘さんのことをさやこさんも話しやすくなるのではないでしょうか。皆さんはどう思いましたか?

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターさやこ

    娘と夫の3人暮らし。自閉症スペクトラムの娘との日常を中心にいろいろと過去の出来事などエッセイマンガを描いてます。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    4 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • 通報
      進歩…!!

      って、一人でボソリと声を上げてしまった。
    • 通報
      すごく気持ちわかる。。。自分の子だけだめなのかって落ち込んじゃう
      +11 -1

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶