話し合うため、夫と義母宅へ!到着するなり義母がしてきた意地悪とは… #旦那の元カノ大好き義母 13

「旦那の元カノ大好き義母」第13話。25歳のときに会社で出会った彼、ユウキさんと結婚することになったアイさん。

義実家に挨拶へ行くと、お義母さんはなんと彼に、「元カノちゃんじゃなくていいの? 結婚に妥協はよくないわよ」と言いました。なにやらお義母さんは元カノに執着している様子……。

 

アイさんが夫のスマホを見ると、お義母さんから「この間、あの女が会社で浮気しているとこ見たわよ!」「とにかく早く離婚しなさい!」という言葉が並べられていました。

 

アイさんは、浮気なんてしている暇がどこにあるんだろうかと呆れてしまいます。

 

すると、寝室へ夫がおかゆを持ってきてくれました。アイさんが自分のスマホを見ていたことを知った夫は、「見ちゃだめだよ、そんなのアイが傷つくばかりだ」と言いました。

 

お義母さんに、毎日アイさんへの悪口を聞かされていた夫。しかし、それをアイさんに話すことなくひとりで我慢をしていました。その事実を知り、アイさんは涙が止まりません。

 

「あなたも傷ついていたのに気づかなかった……」

「ごめんね……」


そして、「このままじゃいけない」そう思ったアイさんは、お義母さんと闘うためにスケジュールを組み、決戦の地、お義母さんの家に向かったのです。

わざわざ昼時に、お義母さんの家に行こうと決めていた理由は…

アイ13話

 

アイ13話

 

アイ13話

 

 

アイ13話

 

アイ13話

 

アイ13話

 

 

アイ13話

 

アイ13話

 

アイ13話

 

夫とお義母さん宅へ向かったアイさん。アイさんは、たとえお義母さんとの闘いに負けたとしても、今まで我慢しかできなかったことを思ったら大きな進歩だと思いました。

 

「夫と平和に暮らせればいい」アイさんの願いはそれだけでした。

 

お義母さんの家に着いたのは、午後1時を過ぎたころ。ちょうどお昼時でした。

 

アイさんがなぜお昼時にお義母さんの家に行ったかというと……。

 

お義母さんがアイさんのお昼ご飯を用意するかを確かめるため。わざとお昼時の時間にしたのです。

 

案の定、アイさんの分のお昼は用意されておらず……。

 

しかし、アイさんは自分でお弁当を作って持ってきていたのです。そしてお義母さんに言いました。

 

「こうなると思ってた」

 

動揺して言葉を失うお義母さん。

 

この段階から、お義母さんとの闘いの火蓋は切られていたのです。

 

◇   ◇   ◇

 

車で向かっている途中、足が震えながらも自分に大丈夫と言い聞かせて、アイさんはお義母さんの家に乗り込んだのですね。緊張や不安に襲われる中、お義母さんの対応を見るために、わざとお昼時を狙ったアイさん。とても計画的ですね。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    ライターアイ

    社内で知り合った夫と結婚することになり、夫の実家へ挨拶に。ところが義母から夫の元カノと比べられ、さらには継続的に嫌がらせを受ける日々に頭を悩ませている。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    13 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る

  • あわせて読みたい

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶