記事サムネイル画像

「子宮に異常があったらどうしよう」不安を抱えながら仕事をしていたら… #生理痛で漢方 7

【生理痛で死にかけて漢方を飲んでみた 第7話】ある日の朝、ベッドから体を起こそうとすると、左の脇腹から下腹部にかけて、「ビキーッ!!」と電撃が走るような激痛に襲われたむぅこさん。「内臓に異常があったらどうしよう」と不安になったむぅこさんは病院を受診し、検査を受けたのですが……。

【前回のあらすじ】2021年7月某日の朝、ベッドから体を起こそうとすると、左の脇腹から左下腹部にかけて「ビキーッ!!」という激痛が走ったむぅこさん。さらに1カ月後、今度は仕事帰りに前回と同じ部分に激痛が走ったむぅこさんは、あまりの痛みに耐えられず、帰宅するとそのままベッドに倒れ込んでしまいました。その後、数日かけて少しずつ体調が回復したむぅこさんは、「今回も生理前だし、もしかしたら婦人科系の病気かも?」と疑い、婦人科を受診することに。

 

婦人科へ行こうとしたら…

「子宮に異常があったらどうしよう」不安を抱えながら仕事をしていたら… #生理痛で漢方 7

 

「子宮に異常があったらどうしよう」不安を抱えながら仕事をしていたら… #生理痛で漢方 7

 

「子宮に異常があったらどうしよう」不安を抱えながら仕事をしていたら… #生理痛で漢方 7

 

「子宮に異常があったらどうしよう」不安を抱えながら仕事をしていたら… #生理痛で漢方 7

 

「子宮に異常があったらどうしよう」不安を抱えながら仕事をしていたら… #生理痛で漢方 7

 

「子宮に異常があったらどうしよう」不安を抱えながら仕事をしていたら… #生理痛で漢方 7

 

謎の激痛から数日後、仕事終わりの時間に婦人科の予約を入れたむぅこさん。このときは、激痛に襲われたのが生理前のタイミングだったことから、子宮の異常を最も疑っていたそうですが、同時に、子宮以外の臓器に問題があることも不安だったそうです。いずれにせよ、大きな病気だったら手術の可能性も出てきますもんね。

 

(今日は仕事もスムーズに終わりそうだし、予定通りに婦人科に行けそうだな)

 

そう考えながら、むぅこさんが会社のトイレに入ると……なんと、婦人科に行く直前になって生理がきてしまいました。

 

しかし、すでに婦人科は予約済み。この時点で、検査ができるかどうかわからなかったむぅこさんでしたが、とりあえず婦人科には行こうと考えたそうです。

 

監修/助産師 REIKO

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

    この記事の著者
    著者プロファイル

    マンガ家・イラストレーターむぅこ

    30代の夫婦二人暮らし。日常のことをなんでもネタにしてる雑食エッセイ漫画。ライブドアでブログ描いてます。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    1 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
  • 気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    連載完結

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    ベビカレアプリ
    新コーナー!

    ✨今すぐ✨
    チェック →