「大変だったのよ…」聞いてしまった彼の過去…感じた違和感とは? #トンデモ婚約破棄 41

【トンデモ男と婚約破棄した話 第41話】幸せな家庭を築くことが夢だった、うみさん。当時付き合っていた彼と婚約したものの、なかなか進まないどころか、一緒にいればいるほど彼のトンデモぶりが露呈して……。実体験を元にした婚約破棄マンガです!

結婚を控えたうみさん。彼都合で、海外挙式+高級ブランド店での国内パーティーという高額プランになり、もっと貯金しなくちゃと奮闘する日々。しかし同棲を始めると、彼は家事を押し付ける上に酷評し、うみさんを罵倒し、うみさんは心を病んでしまいました。彼ママや彼姉には「結婚、考え直してみたら?」と言われていたところ、彼ママと彼が二世帯住宅で同居する計画を進めていることがわかったのです。意を決して友人に相談したところ、いろいろなことを我慢しながら結婚準備を進めてる今の状態はよくないとうみさんは思うようになり――。

 

トンデモ男と婚約破棄した話 第41話

 

トンデモ男と婚約破棄した話 第41話

 

トンデモ男と婚約破棄した話 第41話

 

トンデモ男と婚約破棄した話 第41話

 

トンデモ男と婚約破棄した話 第41話

 

トンデモ男と婚約破棄した話 第41話

 

トンデモ男と婚約破棄した話 第41話

 

トンデモ男と婚約破棄した話 第41話

 

トンデモ男と婚約破棄した話 第42話

 

彼のいない日に、彼ママと食事をすることになったうみさん。そこで、バイク事故のニュースを見ました。すると、彼ママが話し出したのは、彼が過去に起こした事故のこと。うみさんも「バイクに乗っていたときに事故があった」ということについては彼から聞いたことがあったのですが、彼ママが詳しく話してくれると、「二人乗りをしていた」「親友だけが亡くなった」といううみさんが知らない事実を知ることとなったのです。

 

彼に対して感じ始めていた違和感。そして判明した知らなかった彼の過去。結婚するからと言って、パートナーに過去のすべてを話さなければいけないとはありませんが、このお話はうみさんにとってはショックな出来事だったようです。

 

ショックを受けるほどの彼の過去を知ったとき、あなたならどうしますか?

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターうみ

    30代の独身。職業はグラフィックデザイナー(+イラストレーター)。嫌なことが起こりすぎて、つらい出来事を浄化するためにマンガをかき始めました!楽しんで読んでくださる方がいらっしゃったら……救われます!

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    8 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶