「私の磨き方は間違っていたんだ…」歯磨きを嫌がる息子。保健師さんの指導を受けて、原因に気づいた!

息子に歯が生え始めたので、歯磨きを開始。しかし、次第に歯を磨くときに嫌がるようになってしまいました。単に歯磨きが嫌なんだろうなと思っていましたが、実は私の磨き方に問題があったのです……!

息子の歯磨きを開始!

息子は、生後8カ月ごろから歯が生え始めました。最初は、小さい歯を見てはかわいいなぁ〜と眺めていましたが、そろそろ歯を磨く準備をしないといけないと思い、子ども用の歯ブラシと歯磨き粉を購入。

 

0歳代のころはまだ生えている歯の本数も少なく、息子も歯磨きをあまり嫌がらず磨かせてくれましたが、1歳を過ぎたあたりからだんだん嫌がるように……。それでも何とかおもちゃで気を逸らすなどして、歯を磨くようにしていました。

 

 

1歳半健診での出会い

しかしその後も、私が「歯磨きするよー」と言うと、「やだ!はみがき、きらい!」と嫌がり続ける毎日。息子をなだめつつ歯磨きをしていたので、ちゃんと磨けているのかわからないまま、1歳半健診を迎えることになりました。身体測定などの他にも歯科健診があり、そこで先生から「少し磨き残しがあるね、仕上げ磨きをきちんとするように」と言われてしまいました。

 

しかし、どう磨けばいいのか困っている私を見て、その場にいた保健師さんが「よかったら今度、市がおこなっている乳幼児の遊びの広場で、歯磨き指導もするから参加してみない?」と誘ってくれたのです。ナイスタイミング!と思い、即参加することを決めました。

 

 

えっ?こんな強さでいいの!?

当日、保健師さんたちが子どもを見てくれている間に、歯磨きの方法を教えてくれました。まずは、保健師さんが実際に歯ブラシを使って、歯ブラシの当て方と磨く強さを親の手の甲に当てながら教えてくれたのですが、私が今までしていた歯磨きよりもずっとソフトに当てていることにびっくり!

 

これまで私は、歯磨きを嫌がる息子に対し、早く終わらせないとと焦り、少し強めの力でササーッと磨いていました。しかし正しい磨き方を教えてもらったことで、これまでの歯磨きは間違っていたんだ……と、私はとても反省したのです。

 

 

その後、保健師さんに教わった方法で歯磨きを続けてみると、だんだんと息子も歯磨きを嫌がらないようになりました。息子は今では年長さんになり、歯医者さんの定期健診でも「よく磨けていますね」と言われるように。あのとき歯磨き指導に誘ってくださった保健師さんには、感謝しかありません。

 

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 


著者:小野 美穂

5歳の幼稚園男児のママ。乳児期に産後うつになり、治療をおこなう。現在は趣味のイラストを活かした仕事をしている。

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶