「うちの子重症すぎる!?」子どもが幼児期にかかる、母が見つけた「あるある病」とは!

Instagramでフォロワー2万人超えののぶえ(@sanmanobue)さん。2016年生まれの男の子・ミリオくんと、2020年生まれの女の子・チョスちゃんのママです。今回はのぶえさんが見つけた、幼少期の子どもあるあるをご紹介します!

 

幼児期にかかる「あるある病」

娘を自転車の後ろに乗せ、シートベルトを閉めようとしたとき……。

のぶえ幼児期にかかる病

 

のぶえ幼児期にかかる病

 

のぶえ幼児期にかかる病

 

 

のぶえ幼児期にかかる病

 

のぶえ幼児期にかかる病

 

 

のぶえ幼児期にかかる病

 

「何でもアンパンマンに見える」


「身の回りのアンパンマンを瞬時に見つける(高度なアンパンマン認知力)」


「アンパンマンによるプラシーボ効果がある(アンパンマンなだけで苦手も克服)」等の

症状がでます。

 


なんでもアンパンマンに見えてしまう、チョスちゃん。

みなさんもお子さんに、まったく関係ないものが、好きなキャラクターに見えると言われたことはありますか?

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターのぶえ

    4歳差兄妹の母です。2016年生まれの息子ミリオと、2020年生まれの娘チョスの育児絵日記をインスタグラムで更新中です。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ
    • コメントがありません

  • 関連記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶