「俺が何も変わろうとしなかったから」妻はずっとチャンスをくれていたのに…裏切り続けた夫の言葉は? #僕と帰ってこない妻 399

「僕と帰ってこない妻」第399話。妻が離婚を決意し実家へ娘を連れて帰ってしまった。その後地震が発生し、妻子と義両親は夫の伯父の家で生活。

改心した夫が娘に向き合うようになり、その変化に戸惑う妻。離婚すべきかどうか、今後のことを決めかねていた。

変わってくれた夫を信じたいけれど、裏切られた過去の自分が「どうせまた裏切られるよ」「信じてはダメ」と言っている。

 

離婚すべきか、しないほうがいいのか。今後のことを決められずに、揺れ動く自分の心情を夫へ吐露した妻。

 

「伝えることを諦めてた。言葉にしなくちゃだった」と後悔の言葉をこぼす妻の手をそっと握り、夫は「ごめんね。全部、俺のせいだね」「その機会を奪っていたのは、俺だよ……」と言う。そのワケとは?

 

「裏切られ続けたら誰だってそうなる」夫は妻を擁護して

「僕と帰ってこない妻」第399話

 

「僕と帰ってこない妻」第399話

 

「僕と帰ってこない妻」第399話

 

 

「僕と帰ってこない妻」第399話

 

「僕と帰ってこない妻」第399話

 

「僕と帰ってこない妻」第399話

 

 

「僕と帰ってこない妻」第399話

 

「僕と帰ってこない妻」第399話

 

「僕と帰ってこない妻」第399話

 

 

「僕と帰ってこない妻」第399話

 

「僕と帰ってこない妻」第399話

 

思い返せば、妻はずっと「ああしてほしい」「こうしてほしい」と夫に伝え続けていた。ずっとチャンスをくれていた。

 

でも、その言葉を受け取らずに、上辺だけの言葉でのりきって、結局何も変わろうとしなかった。

 

上辺の言葉を信じて、裏切られてを繰り返したら、誰だって「もうこの人に何を言っても無駄だからやめよう」「もう信じられない」と思うだろう。

 

期待しないほうが、心を守れるから。

 

これまでたくさん伝えてくれていたのに、妻を呆れ果てさせて、伝えることもやめさせてしまったのは、全部自分のせい。妻のせいじゃない。夫は後悔して……。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターちなきち

    「結局、一番怖いのは人間だよね」というテーマで、エッセイ漫画を描いています。ベビーカレンダーでは実話「その人って、本当にママ友ですか?」「夫が消えました」を短期連載。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    41 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • 通報
      このやり取り何回するの…?
      +66 -9
    • 通報
      離婚にしても現状維持にしても、雪穂さん働こうよ
      それで大分解決する部分もあるよ、自己肯定感の低さとか
      国民の過半数は共働きで育児してるよ
      +39 -19
    • 通報
      カズ君は変わろうと努力してるけど。
      雪穂さんのウジウジでメンタルがヤバい感じは キツイ。
      現在は、カズ君より 雪穂さんが痛いでしょ。
      +97 -45

  • あわせて読みたい

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶