「SAS外来に行ってみては?」子宮全摘は終わったのに…まさかの展開!? #子宮ぜんぶ取った話 8

【子宮ぜんぶ取った話 第8話】2人組の漫画家「黒百合姫」として活動している、マナカさん。ある日、生理中に尋常ではない下腹部痛に襲われ、婦人科で検査を受けた結果、子宮筋腫だと判明。 マナカさんが子宮全摘したときの体験談を綴ったエッセイ漫画です。

【前回のあらすじ】子宮筋腫が見つかり、約8時間に及ぶ子宮全摘手術を受けたマナカさん。数日間の入院生活で術後の熱がなかなか下がらず、退院後も3週間ほど熱が続いてしまい、しばらく寝たきりの生活に。その後のマナカさんはというと……。

 

手術後の生活の変化

「SAS外来に行ってみては?」子宮全摘は終わったのに…まさかの展開!? #子宮ぜんぶ取った話 8

 

「いつから仕事をしてもいいですか?」と相談したところ、渋い顔をした医師によると「仕事はそろそろ始めてもいいですが、ある程度仕事をしたら横になるようにしてください。座りっぱなしはダメです」とのこと。

 

退院後も3週間ほど熱が下がらなかったマナカさんですが、その後は少しずつ体調も回復してきて……。

 

「SAS外来に行ってみては?」子宮全摘は終わったのに…まさかの展開!? #子宮ぜんぶ取った話 8

 

子宮と卵巣を切除したあとはホルモンバランスが乱れ、イライラやうつなどの更年期症状が出るのでは?と心配していたマナカさんでしたが、予想に反して精神的な症状が出ることはなかったそうです。

 

ただし……。

 

「SAS外来に行ってみては?」子宮全摘は終わったのに…まさかの展開!? #子宮ぜんぶ取った話 8

 

たまにホットフラッシュのような症状が。

 

でも、マナカさんとしては、わずらわしいと感じていた生理がなくなったことや、温泉にいつでも行けるようになったこと、なぜかお酒に強くなったことなど、手術後には良い変化もたくさん感じられたそうです。

 

「SAS外来に行ってみては?」子宮全摘は終わったのに…まさかの展開!? #子宮ぜんぶ取った話 8

 

マナカさんの子宮全摘体験、いかがだったでしょうか?

 

「子宮全摘? (子どもを産む予定もないし)全然おっけー!」と軽いノリで手術を即決するなど、おおらかな性格でとても強い精神力を持ったマナカさん。

 

もし自分が同じ状況になったらと考えると、「手術を受けなきゃいけないなんて……」と不安や恐怖に駆られてしまいそうです。持ち前の明るさで、大変な手術を難なく乗り切ったマナカさんは本当にすごいですね。

 

しかし……最後の最後に、医師から「実はマナカさん、睡眠時無呼吸症候群の疑いがあります。SAS外来に行ってみませんか?」と、驚きの言葉が!

 

まさかの展開! マナカさんの闘病生活はまだ続くのでした。

 

監修/助産師 REIKO

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーター黒百合姫

    石川県出身、東京都在住。ペンネームは地元の県花から由来。彩帆とマナカの二人組です。漫画のほか、イラストやキャラクターデザインも制作しています。「物語の中の人」連載中。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    1 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶