「うそ…胸が!」ホルモン治療でまさかの変化?! #ニキビ汚肌改善 6

【ニキビ・脂まみれの汚肌が改善した話 第6話】主婦であり、イラストレーターであり、東京大学大学院生でもあるただっちさん。小学5年生の頃に初めてニキビができてから、ずっと肌のトラブルに悩まされてきました。あらゆる肌質改善法を試したもののなかなか良くならず悩んでいたのですが……。

【あらすじ】低用量ピルや男性ホルモン抑制剤を使ったホルモン治療を始めたただっちさん。想像以上に副作用が辛く、心折れそうになりながらも治療を続けていると……。

 

ニキビもない!PMSもない!

 

ニキビ・脂まみれの汚肌が改善した話 第6話

 

ニキビ・脂まみれの汚肌が改善した話 第6話

 

ニキビ・脂まみれの汚肌が改善した話 第6話

 

 

ニキビ・脂まみれの汚肌が改善した話 第6話

 

 

 

重度のニキビや脂性肌に長年悩んでいたただっちさん。ホルモンバランスを整えることで、これまでのコンプレックスから解放されるべく、低用量ピルや男性ホルモン抑制剤を服用するホルモン治療を始めました。

 

しかし、いざ服用を開始すると吐き気やめまい、肌荒れの悪化、乳房痛などさまざまな副作用に悩まされ、治療の中断を考えるほどつらい状況に陥ります。

 

どうにか諦めずに治療を続け1カ月が経過すると、ようやく副作用が出なくなり安心します。すると、治療のおかげか過剰に分泌されていた脂やニキビが出てこなくなり、肌の状態が落ち着きました。

 

また、これまで生理期間中は鎮痛剤が手放せなかったただっちさんでしたが、生理痛やPMS症状が軽減したそう。

 

そして、ホルモンバランスが整ってきたことで胸のサイズが少しアップしたり、髪にハリツヤが出たりと美容面でもうれしい結果が!

 

重度の肌荒れで、顔を見られることに苦痛を感じていたただっちさんでしたが、コンプレックスから解放され前を向いて歩けるようになったのでした。

 

医療監修/天神尚子先生(三鷹レディースクリニック 院長)

 

※この漫画は実話に基づいた体験談であり、すべての方が当てはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 


 

ただっちさんのマンガは、このほかにもブログやInstagramで読むことができます。
ぜひチェックしてみてくださいね!

 

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターただっち

    ブログ「ただの主婦が東大目指してみた」管理人で、東京大学大学院修士2年のアラサー主婦。学生と主婦をしながらイラストレーター、漫画家としても活動中。夫と社宅で二人暮らし。家事がとても苦手。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶