お豆腐でそぼろができる?安くてヘルシーなママの時短夕飯づくり

2016/12/16 19:00
フライパンにお豆腐一丁を入れ、スプーンで細かく潰します。そしてネギ、ポン酢で軽く味を整えたら完成です!ある程度水気が飛んだお豆腐はまるで鶏肉のそぼろにそっくり!作った豆腐そぼろに白だしやお醤油を少しずつ加え、最後に七味や一味などで味を調えて子ども用よりも味を濃い目にすれば大人用に。

 

こんにちは。ママライターの一色さあきです。私はごはんを作ることも、食べ終わってからの洗い物をすることも嫌いなズボラ主婦でした。でも、子どもが生まれたからには作らないといけません。そんな私が考え出した時短でヘルシー、そしてお財布にもやさしいお豆腐を使ったレシピをご紹介します。

 

お豆腐って子どもにもいい!

 

今回ご紹介するレシピの主役は「お豆腐」。お豆腐は消化吸収がよく、良質なたんぱく質や脂質が含まれているといわれていて、高い栄養素を持っているとご存知の方は多いかと思います。

 

まだ「噛む」ことのできない子どもでも食べやすく、消化にもいいですよね。そして何より、お財布にやさしいということが主婦にとってはありがたいことです。でも、お豆腐を生で子どもに与えることに不安を持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

お豆腐を火にかけるとまるでお肉?!

 

私も生のお豆腐を子どもに与えるのは少し不安がありました。1歳ごろまでは、加熱して与えたほうがいいのだそうです。

参考:大豆製品で赤ちゃんが食べられるもの
 

そこで、私はフライパンにお豆腐一丁を入れてしまったんです。でも、固形のままでは中まで火が通らないので、スプーンで細かく潰してみました。ある程度、水気が飛んだお豆腐はまるで鶏肉のそぼろにそっくり!食感も本当に似ているんです。月齢に合わせて出汁や少量のおしょうゆなどで軽く味を整えたら完成です!


大人でもおいしい!豆腐そぼろ

 

一丁のお豆腐そぼろは、さすがに子どもだけで食べきれないので、半分ほどはアレンジをして大人も食べられるようにします。

 

先ほど作った豆腐そぼろに白だしやお醤油を少しずつ加え、最後に七味や一味などで味を調えて子ども用よりも味を濃い目にしました。たったそれだけで、主人のおかず一品完成です。洗うものはフライパンとお豆腐を潰したスプーンだけ。本当に時短になります。

 

 

私はこの豆腐そぼろをごはんにかけて丼として食べています。お豆腐は絹でも木綿でも大丈夫ですし、アレンジも無限大!忙しいママの方々、よければぜひお試しください。(TEXT:ママライター 一色さあき)

 

 


  • 0
  • 0
  • 3
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。