「お姉ちゃん…ウソでしょ?!」まさか…!小3の私がしていたとんでも勘違い

私が初めて生理を経験したのは小学3年生のときです。母も驚くほど早い初潮でした。まだ学校でも生理に関する授業は受けておらず、よくわからないまま、初めてナプキンを使用することになったのですが……。

「お姉ちゃん…ウソでしょ?!」まさか…!小3の私がしていたとんでも勘違い

 

「お姉ちゃん…ウソでしょ?!」まさか…!小3の私がしていたとんでも勘違い

 

何も知らないまま突然生理がやってきた!

小学3年生のある日、トイレに入ったら血が出ていることに気がつきました。しかし、けがをした覚えはありません。不思議に思いながら母に「よくわからないけど、急に血が出ちゃった」と告げると、母は状況に気づいたらしく、「もう生理がきたの?」と驚いていました。

 

当時の私は、まだ学校での性教育も受けていません。生理用ショーツも持っていなかったため、ひとまず通常のショーツにナプキンをつけてもらって過ごすことになりました。このときまで私は、家にナプキンがあることも、母には毎月生理があることも知らなかったのです。

 

ナプキンの向きはこれでいいのかな?

最初は母がナプキンを取りつけてくれたので、数時間は安心して過ごすことができました。しかし問題はそのあとです。トイレに行きたくなったとき、私は急に不安になりました。母からは「次にトイレに入ったらナプキンを取り替えて」と言われていたからです。次からは自分ひとりでナプキンを取り替えなければなりません。

 

ドキドキしながらも、「母に言われたとおりにすればきっと大丈夫」と信じてトイレに入りました。ナプキンの保管場所はちゃんと覚えていたので、新しいナプキンを手に取り、さっそく開封しました。

 

当時わが家にあったナプキンは、包み紙のテープをはがすだけでナプキン自体が広がるタイプではなく、小さなビニール袋を毎回開け、中から剥離紙の付いたナプキンを取り出し広げるタイプでした。いざナプキンを開けてみると、私はある疑問を抱きました。ナプキンの表裏がわからないのです。

 

開けるだけで肌に接する面がすぐに出てくるなら、この勘違いは起こらなかったかもしれません。しかし、当時私が使っていたナプキンにはどちらが肌に接する面かの目印もありませんでした。

 

特に昼用の比較的小さなナプキンは、前後も表裏もわからないような、ごくシンプルな長方形だったのです。しばらく悩んだ末に、ナプキンの向きについて考えることはあきらめ、とにかく新しいナプキンに取り替えれば問題ないだろうと思いました。

 

そして、ナプキンの接着面を自分の肌側につけたのです。しっかりと固定できて安心感があり、これでもう大丈夫だと上機嫌でトイレを出た私。まさかナプキンの使い方を間違えているとは露ほども思いませんでした。

 

えっ! 違うの? 意外なときに勘違いが判明!

初めての生理は5日間ほどで終わり、約1カ月後にはもう次の生理がやってきました。年の離れた姉からは「この間初めての生理がきたばかりなのに、もう次の生理がきたの?」と驚かれましたが、当時の私には生理の周期もよくわかりません。

 

「どういうこと? お姉ちゃんには関係ない!」と思いながらも、勘違いは続いておりナプキンの接着面を自分の肌に直接つけていました。シールのせいでかぶれるからか、少しかゆみがありましたが仕方がないのだと思っていたのです。

 

しかし、ある日突然、自分の勘違いに気づかされること出来事が! それは姉がお風呂に入っているときのこと。脱衣所にはナプキンを入れるゴミ箱がなかったため、姉は汚れたナプキンを小さく丸め、着替えで隠していたようです。

 

私は偶然、その丸められたナプキンを見つけてしまい、びっくり! なんと姉はナプキンを、「接着面ではない側」を肌につける形で使っていたのです。

 

ここで初めてナプキンのつけ方を間違えていることに気づき、急に恥ずかしくなりました。あわててトイレに入り、ナプキンを新しい物に取り替えました。もちろん、接着面ではない側が肌にあたるように。最初に母が教えてくれたときも、きっとナプキンの向きの話はしていたはずです。ところが私は、初めての生理に緊張して、その話を忘れてしまったようでした。

 

 

ナプキンを正しい方向につけるようになってからは、かゆみもなくなりました。この勘違いによって大きな問題が起こらなかったことにほっとしています。ナプキンに関する勘違いはなんとなく恥ずかしくて母や姉には話せませんでしたが、もし初めての生理で困っている人がいたら、できるだけ細かいところまでサポートしてあげたいな、と今は思っています。

 

著者/七町美紀子
作画/ちえ
監修/助産師 REIKO

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶