「2人で協力して貯金しよう!」→1年後の結果発表で妻が衝撃告白!妻の貯金額はなんと…!?

僕は、妻と出会ってから2年間の遠距離恋愛を経てプロポーズし、念願叶って妻と結婚しました。入籍を済ませた僕たちの次の目標は、貯金を成功させて同居を開始すること! 妻と相談の上、「1年間で2人合わせて100万円貯めよう!」と目標を決め、それからは日夜仕事に励みました。妻の負担を少しでも減らすために、100万円の内訳は、僕が80万円で妻は20万円です。これなら難なくいける。そう思って妻を信じた一途な男は、約束の1年後、妻から思わぬ裏切りにあってしまったのです。

「2人で協力して貯金しよう!」→1年後の結果発表で妻が衝撃告白!妻の貯金額はなんと…!?

 

「2人で協力して貯金しよう!」→1年後の結果発表で妻が衝撃告白!妻の貯金額はなんと…!?

 

貯金初体験の2人

お互いに22歳で社会人になってから、一度も貯金をしたことがなかった(貯金をしようと試みたが失敗した)僕たち。しかし、「結婚」というビッグイベントを経て今後のことを考えるようになり、「同居するために2人で100万円を貯めよう!」と、2人で貯金を頑張ることにしました。

 

最初のころは生活費が足りなくなるのが不安で、僕が3000円、妻が2000円と少し弱気な金額設定をし、合計月5000円ほどの貯金からスタート。今考えると、最初からもっと金額をあげて貯金をすべきだったと思います。

 

ちなみに、貯金初体験の僕たちは、貯金を1カ月頑張った自分へのご褒美と、今後も貯金を頑張るためのモチベーションとして、お小遣い制度を作りました。このお小遣いは、月々1人10万円です。新婚で浮かれていた僕たちは、貯金額をはるかに超えた10万円を、夫婦での記念旅行や贅沢な食事につぎ込んでいました。

 

知恵をふりしぼる2人

当たり前ですが、月々5000円では年間で6万円にしかならず、目標にしてる100万円にはまったく到達しません。そのうえ、お小遣いを優先していたため、むしろマイナスでした。

 

そんなとき、夫婦で相談しあって、「よし! 給料から天引きされる積み立て貯金をしよう!」という案に辿り着きました。そんなに胸を張って言うことではないですが、なかなか貯金できない僕らにとって、給料から天引きされて毎月定額が貯蓄されていくのは、最高のシステムだったのです。

 

行動力はピカイチな2人

目標金額達成のため、さっそく僕は積み立て貯金をスタートしました。「2人で100万円」の内訳は、僕が80万円、妻が20万円です。僕は「妻の分も多く貯めよう!」と張り切っていました。

 

そして、1年後にお互いいくら貯まったか、結果発表をする約束をしました。僕は、毎月5万円と強気の積み立て金額を設定。妻には毎月の積み立て額はあえて聞かず、1年後の結果発表を楽しみにすることに。

 

さらに僕は、お小遣いを半分ほどの5万円に減らし、外食などの無駄な出費も抑えるように。いい生活サイクルができ、これで貯金成功への道筋は整いました。とはいえ、誕生日など特別な日には妻を楽しませたいと考えた僕は、デートに行った際、妻が欲しい服や靴などをクレジットカードで分割払いし、妻へのプレゼントには惜しまずにお金を使いました。

 

結果オーライな2人

そんなこんなで1年が過ぎ、いよいよ結果発表をする日が訪れました。記念すべき発表の場所に選んだのは、僕の車の中。

 

まずは僕から発表です。「強気の積み立て金額を設定してお小遣いが半減しましたが、キッチリ目標達成! 80万円貯まりました!」妻は「すごい!」と言って、大きく拍手をしてくれました。続いては、妻の発表です。

 

妻「0円です!」
僕「……ん? もう一回お願いします」
妻「だから0円です」
僕「えー!!」

 

妻のまさかの答えに驚いて僕の体は飛び跳ね、車体が少し揺れたように感じました。僕が「どうして? 何に使ったの?」と聞くと、妻は悪びれる様子もなく「沖縄でスキューバダイビングの資格を取るために全部使ったよ!」と答えたのです。

 

驚いてしまった僕でしたが、あっけらかんと話す妻になぜか怒りの感情は起こらず……。「やりたかったんだね。楽しかった?」と聞くと、妻はキラキラした笑顔で「最高だったよ!」と答えたのでした。

 

 

「スキューバは楽しかったよ!」と笑顔で話す、自分のしたいことにまっすぐな妻。「この潔さを好きになったんだな」と感じた僕は、約束を破った妻への怒りはまったく湧きませんでした。残りの20万円は僕が代わりに追加で貯めて、結果オーライにしました!

 

その後、100万円を貯めた僕たちは無事に同棲をスタート。妻と過ごす時間はとても楽しく、毎日が僕の宝物です!

 

著者/佐藤ゆう
作画/村澤綾香

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事のイラスト制作者

    マンガ家・イラストレーター村澤綾香

    明治学院大学文学部芸術学科、桑沢デザイン研究所卒業。2009年よりフリーランスのイラストレーターとして主に女性誌、webなどで活動中。Oggi.jpにて土日月公開の4コマ「なでし娘ちゃん」連載中。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶