「触れ合いの時間が必要だ!」夫婦間で決めた夜10時以降のあるルールとは…?

私たちは、現在子なしの新婚夫婦です。付き合っていたころと比べると、結婚後、一緒に住み始めてから会話量や触れ合いが減っているような気がします。しかし一緒に暮らしていると、1人の時間が欲しいときもあります。そんな私たち夫婦が実践していることとは……!?

「触れ合いの時間が必要だ!」夫婦間で決めた夜10時以降のあるルールとは…?

 

個人の時間を優先?

付き合っていたころの私たちは、同棲はしておらず、会える時間が限られていました。そのため、会ったときには、2人でいられる貴重な時間をお互い大切にしていて、一緒にいるときに1人でスマホをいじるなんてことはありませんでした。

 

しかし結婚後、一緒に暮らすようになると、一緒にいてもそれぞれが好きなことをするのが当たり前になって……。お互い「仕事から帰宅して寝るまでの時間は自分が好きなことをしたい」という気持ちがあったため、動画を観たりテレビに集中したりと、個人の時間を楽しむように。

 

しかし、楽しむあまり夜更かしをしてしまったり、睡眠不足で疲れてしまったりとさまざまな問題が出てくるようになりました。そして、私は「私たち、このままでいいのかな」と思うようになったのです。

 

夫婦で決めたルール

そんな中、一緒に食事をしているのにスマホで動画を観ている夫に私はついに嫌気がさしてしまいました。それをきっかけに「一緒に住み始めてから2人の時間が減っているように感じる」と、夫に打ち明けて話し合うことに……。

 

話し合いの結果、「食事中はスマホを触らず会話をする」「夜10時以降は連絡以外の目的でスマホを触らない」ということをお互い意識してみること。

 

有意義な時間に

これまで、スマホやパソコンを使う時間を意識したことがなかった私たちは、最初のころは時間を忘れてしまうこともしばしば……。そんなときは、「10時だよ!」とお互いに知らせ合うようにしました。

 

このルールのおかげで、食事中は、夫婦の会話を楽しむ時間になり、スマホを触らないように決めた10時以降の時間は、読書やストレッチなどに充て、時間を有意義に使えるようになったのです。その影響もあってか、寝る直前までだらだらとスマホを触っていたときよりも睡眠の質も上がったような気がします。

 

 

今までは当たり前のように動画を観ながら食事をしていた夫でしたが、ルールを決めてからは食事の時間が夫婦でコミュニケーションをとる貴重な時間になりました。また、今ではスマホを使っていて夜更かししてしまうこともなくなり、生活リズムも安定しているように感じます。

 

著者/みどりここな

 

ムーンカレンダー編集室では、女性の体を知って、毎月をもっとラクに快適に、女性の一生をサポートする記事を配信しています。すべての女性の毎日がもっとラクに楽しくなりますように!

 

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    暮らしの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶