「お願いっ…神様…!」産声が聞こえず動揺。必死で祈ると次の瞬間…? #初産で帝王切開 最終話

「初産で帝王切開」最終話。正期産の時期に入っていたにも関わらず、赤ちゃんがまったく生まれる兆しがなかったぬぴさん。妊娠39週の健診のとき先生に相談をすると、「開くときって一気に開くから、あんまり気にしなくていいよ」と言われたあと、「赤ちゃんは3kgは超えているね」とひと言。それを聞き、驚いたぬぴさんは「早く産みたい」と思うように……!

翌日から運動などを取り入れ、早く生まれるようにと働きかけるのですが、実際は何も起こらず……。ただ日にちだけが過ぎていったのでした。妊娠40週の健診のとき、先生に「生まれません」と訴えたぬぴさん。すると、先生から分娩誘発の提案をされます。分娩誘発について説明を受けると、実行する日を決めたのでした。

度重なるトラブルから、緊急帝王切開で出産することが決まったぬぴさん。

 

「緊急帝王切開にします。ぬぴさん、旦那さんいいですか?」

 

先生の言葉に泣きながら「はい」と答えるぬぴさん。

 

しかし、出産が終わることへの安堵感、わが子に対する罪悪感など、いろいろな感情が押し寄せたぬぴさんは号泣。

 

旦那さんが代わりに手術の同意書を書いてくれました。

 

そして、18時になると緊急帝王切開が開始!

 

ぬぴさんの腰には麻酔が打たれ、入念な麻酔確認が済むと、いよいよ執刀となるのでした。

 

一方そのころで、旦那さんはというと……!?

 

泣きながら電話で報告。2人とも陰ながら見守ってくれていて…

#初産で帝王切開 10

 

#初産で帝王切開 10

 

#初産で帝王切開 10

 

 

#初産で帝王切開 11

 

#初産で帝王切開 11

 

#初産で帝王切開 11

 

 

#初産で帝王切開 11

 

#初産で帝王切開 11

 

#初産で帝王切開 11

 

 

#初産で帝王切開 11

 

#初産で帝王切開 11

 

#初産で帝王切開 11

 

#初産で帝王切開 11

 

 

#初産で帝王切開 11

 

#初産で帝王切開 11

 

#初産で帝王切開 11

 

 

#初産で帝王切開 11

 

「ぬぴさん、もうすぐ産まれますよ~」

 

「ほら! 産まれました! おめでとうございます!」

 

「赤ちゃん、声が……。泣き声聞こえない……」

 

ぬぴさんそう言うと、

「大丈夫。背中トントンしてるからもうすぐ出るよ」と助産師さん、

 

すると次の瞬間、元気な産声が……!

 

「頑張ったね。ありがとう。お疲れ様」

 

ぬぴさんにやさしく話しかける旦那さん。

 

「そんなことないよ。キヨシがいてくれてよかった」

 

わが子の誕生に、2人は心から喜び合うのでした。

 

 

つらい思いをしながら、必死で痛みに耐えたぬぴさん。さらに、時には涙を流しながらぬぴさんと赤ちゃんの無事をずっと祈っていた旦那さん。最後はみんながハッピーになることができて、本当によかったなと思いました! これからも家族みんなで仲良く楽しい毎日を過ごしてくださいね。

 

◆「初産で帝王切開」はこれで連載終了です。短い間でしたが、ご愛読くださりありがとうございました!


監修/助産師 松田玲子

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    この記事の著者

    マンガ家・イラストレーターぬぴ

    息子・ぽこ(2021年10月生まれ)と夫・きよし(自衛官夫)との3人暮らし。クスッと笑える日常マンガや、あるある育児マンガなどを描いている。

    同じ著者の連載

    新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
    0 クリップ

    同じジャンルの連載

    もっと見る
    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    マンガの新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶