「お年ごろだからね」手のしびれと痛みで整形外科へ、原因はもしかして…!?【体験談】

現在50歳の私。誕生月に血圧の薬をもらうために病院へ行った際も、カルテを見た医師から「お誕生日おめでとうございます。アラフィフのど真ん中ですね」と言われるほど。昔だったら、「もうそんな年か……」と少し気にしたかもしれませんが、今の私は「ジャストフィフティです」と返せるほど、あまり気にならなくなりました。そんな私には数年前から「これってもしかして更年期?」と思う症状が出始めたので、それについてお話ししたいと思います。

この記事の監修者

医師駒形依子 先生
産婦人科 | こまがた医院院長

東京女子医科大学医学部卒業。米沢市立病院入職後、再び東京女子医科大学に戻り、専門医を取得。同大学産婦人科に入局し産婦人科医として働きつつ、性科学を学び、また東京女子医科大学東洋医学研究所で東洋医学を学ぶ。2019年1月に地元山形県米沢市にて、こまがた医院を開業。著書に『子宮内膜症は自分で治せる(マキノ出版)』『膣の女子力~女医が教える「人には聞けない不調」の治し方(KADOKAWA)』。
新着記事が配信されたら、メールやプッシュ通知でお知らせ!
2 クリップ

 

40代後半から手がしびれるように

2~3年前の春先のことでした。左腕がなんだか重いような気がするようになりました。でも、重たいものを最近続けて持ったからかな? 仕事で腕を使うことが多いから?と、私は調理員なので重い鍋など持ち上げることが多く、あまり気にしていなかったのです。

 

しかし、5月になっても若いころに経験した腱鞘炎のように痛んで、パソコンのキーボードを打つのもしんどくなってしまいました。次第に断続的に痛みが出るように。湿布やサポーターをして仕事をしていましたが、次第に左の薬指の先がしびれるという症状まで出てきてしまい、つらくなって近くの整形外科を受診しました。

 

医師から診断されるも薬が効かず…

受診イメージ

 

レントゲンを撮っても特に異常なし。最終的には、首からあちこちに分岐している神経が痛んでいるのかもということで、肩から手先にかけてしびれや痛みがあったり力が入りにくくなったりする胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)と診断されました。内服薬と湿布を処方してもらって、しばらくリハビリに通うことになりました。

 

リハビリは3カ月間、なるべく間が空かないよう10日に一度の割合で通いましたが、痛みはあまり変わらず……。処方されたビタミン剤なども飲みましたが、これといって効き目を感じられませんでした。そのことを正直に話すと医師も頭を抱え、年齢も考慮した上で「あなた、お年ごろだからね」とひと言。「よし、今日はピッタリの薬を出しましょう」と漢方薬を処方されました。

 

「やったー、私、結構漢方好きなんだよね~。これで痛みやしびれから解放される」と思い、薬局で薬を受け取りました。しかし、薬局でもらった薬を見て、私は驚がくすることになるのです。

 

 

整形外科で処方されたのは「お年ごろ」の薬?

驚く女性イメージ

 

薬局から薬をもらい、見覚えのある漢方薬の包装を目にしたとき、「あれ? なんかこの薬、持っているかも」と思いました。家に帰って薬箱を開けてみて、「何これー!! 婦人科でもらった薬と一緒じゃん!」と思わず吹き出してしまいました。

 

「あー。お年ごろってそういうことだったのね……」。実はそのころ、私は更年期から来ると思われる肩凝りや首のこわばりを解消するため3カ月ごとに婦人科に通っていて、更年期症状の代表的な漢方薬「加味逍遥散(かみしょうようさん)」を処方されていました。「なんと! 整形外科でも同じ薬が処方されるなんて!」とびっくり。

 

整形外科の医師は男性です。おじいちゃん先生ですが、男の人から「更年期」だと思われるのはなんだかショックでした。婦人科でその話をすると、婦人科の先生にも笑われる始末。2つの病院から「もうあなた、それ更年期ですよ」と太鼓判を押されたような感じでしたが、更年期について調べるとそれもそのはず45歳から55歳が更年期と言われていて、50歳の私はまさに更年期ど真ん中だったのです。

 

婦人科で同じ薬を整形外科でもらったことを話すと、しばらくの間、薬の量を調整してくれました。ただ、「対症療法でいくしかないわねー」とのことで、結局は同じ薬を飲みつつ様子を見るしかないそうです。

 

まとめ

婦人科の先生からは「更年期症状は人それぞれ。更年期症状がない人もいるし、ひどい人もいる。気長に付き合っていくのが一番」と言われました。私の手のしびれは血液検査もおこない、リウマチや甲状腺の病気がないかも調べましたが異常なし。

 

季節の変わり目に症状が出て、暑い季節になると落ち着いてくるので、今はのんびり付き合っていくしかないなと思っています。「なんてったってお年ごろですから」。

 

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

※本記事の内容は、必ずしもすべての状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて医師や専門家に相談するなど、ご自身の責任と判断によって適切なご対応をお願いいたします。

 

ウーマンカレンダー編集室ではアンチエイジングやダイエットなどオトナ女子の心と体の不調を解決する記事を配信中。ぜひチェックしてハッピーな毎日になりますように!


著者:まはろ

東京都在住の主婦、調理員。栄養バランスばっちりの給食を作っている。高1女子と2人暮らし。

 

ベビーカレンダー記事制作の取り組み
  • \ この記事にいいね!しよう /
    現在ログインしていません。ログインしますか?
    シェアする

    • コメントがありません

  • あわせて読みたい記事

    気になる記事をまとめ読み

    人気連載

    新着連載

    もっと見る

    注目記事を探す

    人気記事ランキング

    アクセスランキング
    コメントランキング

    お得な無料キャンペーン

    医療の新着記事

  • PICKUP

    同月齢の赤ちゃん
    ってどんな感じ?

    みんなの成長アル
    バムで早速見る▶